<11月17日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,490円~22,630円 
・225先物CME終値            = 22,585円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.80円~113.20円 



<コメント>


    [NY株式市場概況]
前日大幅安の反動と小売大手の決算を背景に大幅反発 
 NYダウは187㌦高の23,458㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利上昇ながら横ばい 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.05円(前営業日15時:113.06円)
    [225先物夜間市場概況]    
NY株大幅上昇ながら軟調なドル円と日中の大幅高の反動で上げ幅は限定 
 (ナイト終値)22,590円(CME最終値)22,585円


今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]ドラギ発言・ユーロ圏経常収支・米(住宅着工件数・建設許可件数)[決算](日本)東京海上・SOMPOHD・MS&AD(米国)FL

日経平均のバリュエーション(PER=14.45倍:PBR=1.28倍)
◎今期予想のEPS=1,533.00円
◎前営業日15:00のドル円(113.06円)換算の修正EPS=1,548.79円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,683円~(15倍)=23,232円~(16倍)=24,781円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) シティ・みずほ・野村・JPモルガン
(売越し上位)Gサックス・メリル・国内中小・ドイツ・アムロ・UBS
[外人]ー3,663枚 [国内]+4,172枚⇒[日中立会外資系手口]=(225)野村、シティ、モルガンSの買越vs国内中小、パリバ、Cスイスの売越(TOPIX)シティ、JPモルガン、みずほの買越vsGサックス、野村、モルガンSの売越⇒外資系は売越し継続⇒日中総合でJPモルガンは1,551枚の買越しに転換・GサックスとUBSは売越し・シティと野村、みずほの買いvsGサックス、メリル、国内中小売りの構図 
★外資系ポジション(12月限)=[225]85,572枚(-4,053枚)[TOPIX]+219,639枚(-314枚)[合計]+305,211枚(-5,837枚〉

◆ドル円の状況⇒NY連銀指数に続いてFF連銀指数も下振れたが、株高と減税法案の下院採決を受け米長利回りは上昇(2.371%)⇒ドル円は前日15時比で変わらず⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)強い売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.05円比、マイナス予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,533円となりフェアバリューは22,841円に上昇[外人先物動向]外人はトータルで売り継続ながらJPモルガンが売り止まり買越し転換・UBSとGサックスは売越
=前日の買主役はシティと国内大手=外資系の先物売り越しはHFの決算に絡んだ一時的な換金売りなのか?本格的なハシゴ外しなのか?は現時点では不明⇒水木曜2日間の昼夜先物市場高安上下幅は990円=単なるスピード調整だったのか?相場の転機を示唆しているのか?見極めには時間が必要⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)買い(週足)強い買い 

225先物の日中引値はCME終値22,585円比、マイナス予想 (直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎ユーロ圏経常収支◎米住宅着工件数(5.6%)◎米建設許可件数(2%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎英小売売上高◎米鉱工業生産◎米設備稼働率◎NAHB住宅市場指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎豪失業率◎米失業保険申請件数◎FF連銀製造業景気指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]19.21(-0.53) [S&PVIX指数]11.76(-1.37) [空売比率]42.7(-0.5) 

 

<11月16日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,980円~22,160円 
・225先物CME終値            = 22,100円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.60円~113.10円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
リスクオフムード継続で高値警戒意識強まり続落 
 NYダウは138㌦安の23,271㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利低下とリスクオフで大幅安 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は112.85円(前営業日15時:113.21円)
    [225先物夜間市場概況]    
環境悪化で一時21,830円まで下落したが、押し目買いで小反発 
 (ナイト終値)22,100円(CME最終値)22,100円


今日の主要材料⇒[寄前]豪失業率[日中]鉱工業生産確報値 [引後]米(輸出入物価指数・FF連銀景気指数・鉱工業生産・設備稼働率)[決算](米国)BBY・GPS・WMT・AMAT

日経平均のバリュエーション(PER=14.45倍:PBR=1.28倍)
◎今期予想のEPS=1,524.45円
◎前営業日15:00のドル円(113.21円)換算の修正EPS=1,541.30円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,578円~(15倍)=23,119円~(16倍)=24,661円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Cスイス・みずほ
(売越し上位)JPモルガン・国内中小・メリル・Gサックス
[外人]ー1,238枚 [国内]-358枚⇒[日中立会外資系手口]=(225)Cスイスの買越vsメリル、パリバの売越(TOPIX)Cスイス、大和、パリバの買越vsGサックス、JPモルガン、国内中小の売越⇒外資系は売越し継続⇒昼夜総合でJPモルガンは売り筆頭継続・Gサックスは売越し転換・UBSは僅かながら買越し⇒Cスイスが前々日に続き買越し筆頭 
★外資系ポジション(12月限)=[225]89,625枚(-2,741枚)[TOPIX]+221,423枚(-314枚)[合計]+311,048枚(-3,055枚〉

◆ドル円の状況⇒欧米株下落によるリスクオフで米金利低下(2.325%)⇒ドル円は前日15時比で大幅安⇒専門家の一般的見通し(先行きの円安観測)に変化の兆し⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)強い売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の112.85円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,524円となりフェアバリューは22,714円に上昇[外人先物動向]Cスイス以外の外資系総合はハシゴ外しが顕著=外人買いで上昇した分は外人売りで下落のパターン⇒下値メドはPER14倍の21,578円?⇒[リスク浮上]米減税先送りによる米国のソフト系経済指標(予想値に基づく指標)の悪化で米景気後退に意識が傾くリスク・欧米のテーパリング開始による緩和マネー縮小で世界景気後退に意識が傾くリスク・世界株高が行き過ぎだったことに意識が傾くリスク⇒日中はバリューを意識した買いと需給悪化を意識した売りとの攻防でボラの高い展開となりそうだが、流れ的には22,000円キープを意識した買物で小反発の可能性高い⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)売り(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,100円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎豪失業率◎米輸出入物価指数◎米新規失業保険申請件数◎米鉱工業生産(0.5%)◎米設備稼働率◎FF連銀製造業景気指数(24.1)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎ユーロ圏貿易収支◎米小売売上高
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎GDP◎NY零銀製造業景気指数◎米小売売上高(除自動車)

    [参考指標] 
[日経平均VI]19.74(+1.16) [S&PVIX指数]13.13(+1.54) [空売比率]43.2(+2.2) 

 

<11月15日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,220円~22,390円 
・225先物CME終値            = 22,305円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.20円~113.60円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
環境(中国経済指標悪化、原油安、税制改革不透明感)悪化に
意識傾き反落 
 NYダウは30㌦安の23,409㌦
    [ドル円NY為替概況]
ユーロ買いドル売りながらドル円は反落 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.46円(前営業日15時:113.62円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円、NY株ともに冴えない展開で反落 
 (ナイト終値)22,310円(CME最終値)22,305円

今日の主要材料⇒[寄前]GDP[日中]鉱工業生産確報値 [引後]英失業率・ユーロ圏貿易収支・米(CPI・小売売上高・NY連銀指数)[決算](米国)CSCO・TGT

日経平均のバリュエーション(PER=14.77倍:PBR=1.31倍)
◎今期予想のEPS=1,515.23円
◎前営業日15:00のドル円(113.62円)換算の修正EPS=1,535.08円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=22,491円~(15倍)=23,026円~(16倍)=24,561円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Cスイス・国内中小・野村・パリバ・ドイツ・モルガンS・Gサックス
(売越し上位)JPモルガン・アムロ・UBS
[外人]ー3,261枚 [国内]+3,387枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)Cスイス、野村、みずほの買越vsアムロ、メリル、大和の売越(TOPIX)ドイツ、モルガンS、Cスイス、国内中小の買越vsJPモルガン、UBS、Gサックスの売越⇒外資系の日中総合は売越し継続⇒昼夜総合でJPモルガンは売りスタンス継続(前日はTOPIXを8,320枚の大量売越し)・UBSは売越し継続、Gサックスはロールでイーブン⇒前日はCスイスがデイリーポイントで買仕掛け 
★外資系ポジション(12月限)=[225]92,366枚(+1,446枚)[TOPIX]+221,423枚(-2,245枚)[合計]+313,789枚(-799枚〉

◆ドル円の状況⇒米金利低下(2.378%)を受けドル円は前日15時比で小反落⇒東京タイムは株価主導の展開となっているが、今夜の米経済指標待ちで大きくは動けず⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.46円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,515円でフェアバリューは22,576円[外人先物動向]前日はJPモルガンがTOPIXを大量売り・UBSは売越し継続・Gサックスはロールでネットはイーブン・Cスイスがデイリーの要所で買仕掛けも実らず⇒引けにかけてドイツの裁定解消?で下落?⇒5日連続安と引けにかけての売りで市場センチメントの低下リスク高まる(押し目買い意識後退)⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,305円比、マイナス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎GDP(1.5%)◎英失業率◎ユーロ圏貿易収支◎米CPI(0.1%)◎米小売売上高(0%)◎NY連銀製造業景気指数(25)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎豪NAB企業景況感指数◎独GDP◎ユーロ圏ZEW景況感調査◎米PPI◎米中小企業楽観指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎中国小売売上高◎中国鉱工業生産◎独ZEW景況感調査

    [参考指標] 
[日経平均VI]18.58(-0.97) [S&PVIX指数]11.59(+0.09) [空売比率]41.0(+1.06) 

 

<11月14日の予想レンジ> 7:10編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,260円~22,480円 
・225先物CME終値            = 22,365円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.30円~113.80円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
押し目買いで三日振りに3指数ともに小反発 
 NYダウは17㌦高の23,439㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利上昇を受け小反発 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.58円(前営業日15時:113.45円)
    [225先物夜間市場概況]    
一時22,110円まで売られたが、NY株持ち直しを受けた押し目買いで反発 
 (ナイト終値)22,400円(CME最終値)22,365円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]中国(小売売上高・鉱工業生産) [引後]ドラギ&イエレン&黒田発言・独GDP・ユーロ圏(鉱工業生産・ZEW景況感調査・GDP改定値)・米PPI[決算](日本)鹿島・電通・ゆうちょ・三井住友B・三菱UFJ・住友不(米国)HD・AAP・MTSI

日経平均のバリュエーション(PER=14.79倍:PBR=1.31倍)
◎今期予想のEPS=1,513.25円
◎前営業日15:00のドル円(113.45円)換算の修正EPS=1,531.80円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=22,445円~(15倍)=22,977円~(16倍)=24,509円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) ドイツ・ソシエテ・野村
(売越し上位)JPモルガン・アムロ・モルガンS・三菱
[外人]ー1,267枚 [国内]+671枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)ドイツ、国内中小の買越vsモルガンSの売越(TOPIX)ドイツ、ソシエテの買越vsJPモルガン、SMBCの売越⇒外資系の日中総合は売越し転換⇒昼夜総合でJPモルガンは売りスタンス継続・GサックスとUBSは売越し転換 
★外資系ポジション(12月限)=[225]90,920枚(-1,692枚)[TOPIX]+223.668枚(+1336枚)[合計]+314,588枚(-356枚〉

◆ドル円の状況⇒米金利は続伸(2.402%)したが、ドル円は前日15時比では小幅高に留まる(米減税案不透明化でドル円と米金利との連動性が急低下)⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)強い売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.58円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,513円でフェアバリューは22,547円となり日経平均終値は割安ゾーン[外人先物動向]先週末の外資系総計の12月限月のポジションは3,955枚の買越しが一転2,942枚の売越しに修正(Gサックス買越し筆頭は変わらず・UBSは8,865枚の買越しに修正・JPモルガンの売越し筆頭は変わりなし)⇒前日はJPモルガンが売スタンス継続・UBSとGサックスはともに売越し転換・ドイツが2日続けて裁定解消の買戻し⇒当面は22,500円を軸にした攻防となる可能性高まる?⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,365円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎中国鉱工業生産(6.3%)◎中国小売売上高(10.4%)◎独GDP(2.3%)◎ユーロ圏GDP改定値(0.6%)◎ユーロ圏鉱工業生産(-0.6%)◎ユーロ圏ZEW景況感調査◎米PPI(0.1%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎国内企業物価指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎独WPI◎米月次財政収支

    [参考指標] 
[日経平均VI]19.55(-0.42) [S&PVIX指数]11.50(+0.21) [空売比率]39.4(-2.4) 

 

<11月13日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,390円~22,570円 
・225先物CME終値            = 22,465円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.30円~113.70円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
法人減税不透明感の余韻で小幅続落 
 NYダウは39㌦安の23,422㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利上昇ながらホボ横ばい 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.54円(前営業日15時:113.46円)
    [225先物夜間市場概況]    
利益確定の売り優勢が続き続落 
 (ナイト終値)22,490円(CME最終値)22,465円

今日の主要材料⇒[寄前]企業物価指数 [日中]なし [引後]独WPI[決算](日本)楽天・荏原・みずほ・THK(米国)CASI

モーサテ・サーベイ週間予想(38人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)22,000円⇔23,000円(予想中央値)22,400円(予想最多値)22,400円 
[ドル円 ](終値予想上下限値)112.50円⇔114.50円(予想中央値)113.50円(予想最多値)114.00円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)22,600円⇒22,681円 (ドル円)113.75円⇒113.57円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)22,250円~23,388円(予想終値)上昇 
[ドル円 ](予想レンジ)112.05円~115.10円(週末16時の予想値)下落 

日経平均のバリュエーション(PER=15.03倍:PBR=1.33倍)
◎今期予想のEPS=1,509.08円
◎前営業日15:00のドル円(113.46円)換算の修正EPS=1,527.64円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,387円~(15倍)=22,915円~(16倍)=24,442円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) ドイツ・バークレイズ・メリル・シティ・みずほ
(売越し上位)JPモルガン・野村・モルガンS・ソシエテ・アムロ・大和
[外人]+2,595枚 [国内]-3,181枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)シティ、ドイツ、メリルの買越vs野村、モルガンS、大和、JPモルガンの売越(TOPIX)ドイツ、パリバ、バークレイズの買越vsみずほ、メリル、JPモルガンの売越⇒日中市場取引では外資系トータルで買越し継続⇒JPモルガンは売越し継続、Gサックスは売越しドテン、UBSはイーブン継続⇒日中総合ではドイツ、バークレイズ、メリル買越しvsJPモルガン、野村、モルガンS売りの構図=9日手口と比較すると買越しブローカーは変化したが、売越しブローカーはみずほと大和の入替えはあったが国内大手3社とJPモルガン、モルガンSに変わりなし 
★外資系ポジション(12月限)=[225]99,772枚(-1,036枚)[TOPIX]+212,069枚(+2,476枚)[合計]+321,841枚(+1,440枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系総計の12月限月のポジションは3,955枚の買越しで買越幅微減⇒買越しメインはGサックス、メリル、バークレイズ、ドイツ、パリバ、Cスイスで売越しメインはJPモルガン、アムロ、野村、HSBC、シティ⇒買ポジトップのJPモルガンの売越しは止まらず売越しトップ・注目のGサックスはTOPIXを買越し・UBSはNTロングでイーブン

◆ドル円の状況⇒[CFTC建玉残は休日で公表無し]11月2日現在のドル円FX建玉は38,272枚のドル買越・週間比で27,736枚の急減⇒独金利上昇を受け米金利は上昇(2.400%)したが、ドル円は前日15時比で僅かな上昇⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)強い売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.54円比、マイナス予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,509円でフェアバリューは22,489円[外人先物動向]外資が総合では買越し継続・買ポジ筆頭のJPモルガンは売越し継続・注目のGサックスとUBSは中立=前日の買主役の外資系ブローカーは入れ替えがあったが、売越し主役は国内大手に変わりなく続落の展開⇒[先週までのプラス要因が変化]決算発表一巡でEPS改善効果による強気のセンチメントは低下に傾く可能性高い・米減税法案不透明感によるマインド系の米経済指標悪化懸念と米企業業績期待低下の可能性高まる⇒調整入りとなるか?上昇トレンド変わらずとなるか?はヒフティヒフティ=専門家による米税制改革不透明化に対する今後の市場反応予想は上下半々⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)売り(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,465円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎国内企業物価指数◎独WPI◎米月次財政収支
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎仏鉱工業生産指数◎英鉱工業生産指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎第三次産業活動指数◎ミシガン大学消費者態度指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]19.97(-1.28) [S&PVIX指数]11.29(+0.79) [空売比率]4.18(-0.5) 

 

<11月10日の予想レンジ> 7:30編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,540円~22,740円 
・225先物CME終値            = 22,645円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.30円~113.70円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
上院の法人税減税先送り案を受け下落 
 NYダウは101㌦安の23,461㌦
    [ドル円NY為替概況]
減税先送り案を受けたドル売りで下落 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.37円(前営業日15時:113.60円)
    [225先物夜間市場概況]    
米株安と円高を受け続落 
 (ナイト終値)22,580円(CME最終値)22,645円

今日の主要材料⇒[寄前]第三次産業活動指数[日中]なし [引後]英鉱工業生産・米ミシガン大学消費指数[決算](日本)NTT・三井不・東レ・ユニチャーム・大成建・りそな(米国)JCP

日経平均のバリュエーション(PER=15.15倍:PBR=1.34倍)
◎今期予想のEPS=1,509.49円
◎前営業日15:00のドル円(113.60円)換算の修正EPS=1,529.11円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,408円~(15倍)=22,937円~(16倍)=24,486円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・Gサックス・Cスイス・国内中小・パリバ・メリル
(売越し上位)みずほ・JPモルガン・三菱・HSBC・野村
[外人]+6,550枚 [国内]-6,334枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)Cスイス、モルガンS、Gサックス、ドイツ、シティの買越vsみずほ、JPモルガン、三菱、アムロの売越(TOPIX)Gサックス、国内中小、モルガンS、アムロの買越vsHSBC、ドイツ、野村の売越⇒日中市場取引では外資系トータルで買越し転換⇒注目のGサックスは買越し、UBSはイーブン⇒日中市場225先物はソシエテとアムロの大量売買に振らされ乱高下
★外資系ポジション(12月限)=[225]100,808枚(+5,919枚)[TOPIX]+219,593枚(+33枚)[合計]+320,401枚(+5,952枚〉

◆ドル円の状況⇒米長国利回りは若干上昇(2.331%)したが、2年中国の利回りは低下=減税先送り案によるドル売りを受けドル円は前日15時比で下落⇒ユーロ圏のGDP見通し上方修正でユーロ買い・米法人税先送り案でドル売り・英政権不安でポンド売り・日本株反落で円売り⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.37円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,509円に上昇(フェアバリューは22,642円)[外人先物動向]先物市場では外資系総合が買越し転換・買ポジ筆頭のJPモルガンは売越し継続・注目のGサックスは買越し・UBSは中立・前日日中はソシエテとアムロの大量売買に振らされ乱高下⇒市場の噂では昨日の乱高下は前場の強引な買仕掛けにより急騰→売り方のコール買いで日経VIが急上昇→後場は日経VI急上昇を受けたシステム売りの発動と売仕掛けで急落⇒業績改善を材料に総強気で急上昇してきたが、昨日のドタバタ劇を受け先行きは強弱感が対立しやすい状況に変化⇒調整入りとなるか?押し目買いで上昇回帰となるか?=日中は久し振りにドル円睨みの展開となる可能性あり⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,645円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎第三次産業活動指数◎仏鉱工業生産◎米ミシガン大学消費者態度指数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎貿易収支◎景気ウオッチャーDI◎独貿易収支
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎機械受注◎米新規失業保険申請件数

    [参考指標] 
[日経平均VI]21.25(+4.00) [S&PVIX指数]10.50(+0.72) [空売比率]42.3(+3.5) 

 

<11月9日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,870円~23,020円 
・225先物CME終値            = 22,945円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.80円~114.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
税制改革の行方報道で少し揺れたが、高値保合い継続で小幅続伸 
 NYダウは6.13㌦高の23,563㌦
    [ドル円NY為替概況]
税制改革情報で揺れたが、結果的にホボ横ばい 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.81円(前営業日15時:113.83円)
    [225先物夜間市場概況]    
良好な決算発表結果を受け続伸 
 (ナイト終値)22,960円(CME最終値)22,945円

今日の主要材料⇒[寄前]機械受注・貿易収支[日中]中国(CPI・PPI)・気ウオッチャー [引後]独貿易収支・米新規失業保険申請[決算](日本)BS・ハウス・住友鉱・大日印・資生堂・東芝(米国)DIS・KSS・ODP

日経平均のバリュエーション(PER=15.21倍:PBR=1.34倍)
◎今期予想のEPS=1,506.50円
◎前営業日15:00のドル円(113.83円)換算の修正EPS=1,527.82円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,389円~(15倍)=22,917円~(16倍)=24,445円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) みずほ・パリバ・アムロ・UBS・大和
(売越し上位)シティ・モルガンS・Gサックス・JPモルガン・野村
[外人]-3,008枚 [国内]+3,059枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)野村、メリルの買越vsモルガンS、Cスイス、Gサックスの売越(TOPIX)パリバ、ドイツの買越vsJPモルガン、、ソシエテ、国内中小の売越⇒外資系の調整売りが継続⇒日中総合でGサックスは売越し・UBSは買越し
★外資系ポジション(12月限)=[225]94,889枚(-1,664枚)[TOPIX]+219,560枚(-1,012枚)[合計]+314,449枚(-2,676枚〉

◆ドル円の状況⇒税制改革の行方報道で上下に振れたが、米長国利回りは若干の上昇(2.325%)に留まる=ドル円は前日15時比で横ばい⇒米国の長短(10年債と2年債)金利差縮小は発行規模の調整による歪な状況⇒上院の税制改革法案公表待ち⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.81円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒[バリュー]日経平均EPSは1,506円に上昇(フェアバリューは22,598円)[外人先物動向]先物市場では外資系総合で売越しスタンス継続・昼夜総合で買ポジ筆頭のJPモルガンは10/23~11/8で17%の買ポジ縮小(21,500円から利益確定の売りが続く)・前日の日中総合でGサックスは売越し・UBSは買越し⇒イメージでは23,500円辺りまでは外人買いの余韻で調整が無いまま上昇する可能性高い?⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,945円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎機械受注(-2%)◎貿易収支◎景気ウオッチャー調査(50.5)◎中国CPI&PPI(1.7%・6.6&)◎独貿易収支◎米新規失業保険申請件数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎加住宅着工件数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎中国貿易収支◎景気一致指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]17.25(+0.74) [S&PVIX指数]9.78(-0.11) [空売比率]38.8(-0.2) 

 

<11月8日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,780円~22,940円 
・225先物CME終値            = 20,845円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.70円~114.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
材料なく横ばい(ナスとS&Pは反落) 
 NYダウは8.81㌦高の23,557㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利行って来いで横ばい 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.95円(前営業日15時:113.99円)
    [225先物夜間市場概況]    
日中急騰の反動で下落 
 (ナイト終値)22,840円(CME最終値)22,845円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]中国貿易収支・景気先行指数 [引後]仏貿易収支[決算](日本)日産・大林組・博報堂・住ゴム三菱M・SMC・凸版(米国)ANDV・BUFF・CSOD・ROK

日経平均のバリュエーション(PER=15.34倍:PBR=1.34倍)
◎今期予想のEPS=1,495.28円
◎前営業日15:00のドル円(113.99円)換算の修正EPS=1,517.63円(設定為替暫定値は111.00円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,247円~(15倍)=22,765円~(16倍)=24,282円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) 国内中小・野村・メリル・シティ・みずほ・バークレイズ
(売越し上位)アムロ・パリバ・JPモルガン・UBS・モルガンS
[外人]-7,587枚 [国内]+8,370枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)ソシエテ、国内中小、野村の買越vsメリル、パリバ、モルガンS、アムロの売越(TOPIX)Cスイス、シティの買越vsJPモルガン、バークレイズの売越⇒外資系の調整売り加速(日中総合ではUBSとGサックスはともに小幅売り越し)
★外資系ポジション(12月限)=[225]96,553枚(-5,544枚)[TOPIX]+220.572枚(-2,073枚)[合計]+317,125枚(-7,617枚〉
外資系先物手口⇒日経平均(21,155円→22,539円)上昇時の(225+TOPIX)先物買ポジ純増上位=UBS(43,186枚)・Gサックス(25,037枚)・アムロ(11,804枚)⇒ハシゴ外しはUBSとGサックスのポジション増減動向がカギ

◆ドル円の状況⇒材料なく米長国利回りは横ばい(2.312%)=ドル円は前日15時比で横ばい⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.95円比、マイナス予想
◆日経225先物の状況⇒日経平均EPSは1,495.28円(フェアバリューは22,430円)=トヨタは想定為替を111円に上方修正⇒先物市場の前日急騰の買主役は国内中小の買戻しとCTA系の仕掛け=現物市場では海外投資家のインデックス買いで急騰との市場の噂⇒先物市場では外資系総合で売越しスタンスが継続(UBSとGサックスはイーブンでスタンス変化見られず)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,845円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎中国貿易収支◎景気先行指数◎仏貿易収支
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎現金給与総額◎ユーロ圏小売売上高
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎英小売売上高◎独鉱工業生産

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.51(+0.06) [S&PVIX指数]9.89(+0.49) [空売比率]39.0(+0.3) 

 

<11月7日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,530円~22,690円 
・225先物CME終値            = 20,570円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.60円~114.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
原油高と半導体業界大型M&A情報で資源と半導体が買われ高値更新 
 NYダウは9㌦高の23,548㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利低下を受け大幅安 
 NY市場(AM6:00)現在のドル円は113.76円(前営業日15時:114.27円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円軟化で小幅続落 
 (ナイト終値)22,570円(CME最終値)22,570円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]豪金融政策 [引後]独鉱工業生産・ドラギ発言・ユーロ圏小売売上高[決算](日本)トヨタ・クボタ・NTTデータ・味の素(米国)EMR・EXTR・TPR・OAS・MTCH

日経平均のバリュエーション(PER=15.20倍:PBR=1.33倍)
◎今期予想のEPS=1,483.44円
◎前営業日15:00のドル円(114.27円)換算の修正EPS=1,519.56円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,274円~(15倍)=22,793円~(16倍)=24,313円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) みずほ・大和・ドイツ・メリル
(売越し上位)モルガンS・ソシエテ・パリバ・三菱・シティ
[外人]-4,478枚 [国内]+5,132枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)アムロ、ドイツ、大和の買越vsJPモルガンの売越(TOPIX)メリル、SMBC、みずほの買越vsモルガンS、Cスイス、ソシエテの売越(合計)アムロ、ドイツの買いvsJPモルガン、モルガンSの売り⇒外資系は買ポジ調整スタンス継続
★外資系ポジション(12月限)=[225]102,097枚(+595枚)[TOPIX]+222,645枚(-1,669枚)[合計]+324,742枚(-1,074枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB議長後任パウエル効果と税制改革成立時期不透明感で米長国利回りは(2.310%)に低下=ドル円は前日15時比で大幅安⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM6:00)の113.76円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒日経平均EPSは1,483.44円(フェアバリューは22,250円)=決算発表後に集計されるドル円想定水準次第では割高のイメージに傾く可能性あり⇒22,666円が壁になるかどうかの正念場となりそう?(外資系が買直しに向かうのか?益出しに向かうのか?)⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,570円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗) 

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎独鉱工業生産◎ユーロ圏小売売上高
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎独製造業新規受注◎ユーロ圏サービス部門PMI改定値◎ユーロ圏PPI
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎仏サービス部門PMI改定値

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.46(-0.72) [S&PVIX指数]9.40(+0.26) [空売比率]38.7(+0.6) 

 

<11月6日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 22,540円~22,690円 
・225先物CME終値            = 22,605円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.80円~114.30円 



<コメント>

 

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]豪金融政策 [引後]独鉱工業生産・ドラギ発言・ユーロ圏小売売上高[決算](日本)トヨタ・クボタ・NTTデータ・味の素(米国)EMR・EXTR・TPR・OAS・MTCH 今日の主要材料⇒[寄前]日銀議事要旨[日中]黒田発言 [引後]独製造業新規受注・ユーロ圏(PMI改定値・PPI)[決算](日本)三菱商・住友商・菱地所・ソフトバンク・王子紙(米国)SWKS・SYY・CTIC・CAH

モーサテ・サーベイ週間予想(37人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)22,000円⇔23,000円(予想中央値)22,600円(予想最多値)22,600円 
[ドル円 ](終値予想上下限値)113.00円⇔115.00円(予想中央値)114.00円(予想最多値)113.75円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)22,200円⇒22,539円 (ドル円)114.00円⇒113.93円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)21,954円~23,190円(予想終値)上昇 
[ドル円 ](予想レンジ)112.08円~116.25円(週末16時の予想値)上昇 

日経平均のバリュエーション(PER=15.28倍:PBR=1.34倍)
◎今期予想のEPS=1,475.07円
◎前営業日15:00のドル円(113.93円)換算の修正EPS=1,508.48円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,119円~(15倍)=22,627円~(16倍)=24,136円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

[外人]-5,561枚 [国内]+5,416枚⇒[日中立合の外資系手口]=(225)Cスイス、アムロの買越vsJPモルガン、Gサックス、UBSの売越(TOPIX)Cスイスの買越vsJPモルガン、モルガンSの売越(合計)Cスイス、アムロの買いvsJPモルガン、UBS、Gサックス、モルガンSの売越⇒買ポジ筆頭のJPモルガンと直近買越メインのUBS、Gサックス、モルガンSが利益確定の売り
★外資系ポジション(12月限)=[225]101,069枚(-3,944枚)[TOPIX]+223,851枚(-102枚)[合計]+324,920枚(-4,046枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系総計の12月限月のポジションは4,064枚の買越しで買越幅縮小⇒買越しメインはUBS、アムロで売越しメインはJPモルガン、シティ⇒直近買越大手のGサックスと買ポジトップのJPモルガンが調整売り

◆ドル円の状況⇒[31日現在のCFTC大口投機玉ネット]=円売残は118,869枚で2,012枚の増加(27日現在のドル円FX建玉は66,008枚のドル買越・週間比で12,215枚の増加)=米長国買残は2,724枚で150,8737枚の激減(利回りは-0.03%の2.376%)⇒先週末は、経済指標(雇用統計と平均時給は下振れたが、ISM非製造業指数は上振れ)を受け上下に振れたが、米長国利回りは(2.343%)に低下=ドル円は株高に支えられ前日15時比で横ばい⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の114.03円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒先週は好調な決算発表で日経平均EPSは週間で36.61円の上昇=保守的な日本企業の経営心理が楽観的観測に傾いたのは世界景気拡大に対する信頼度の高まり=EPSの週間上昇額はPER15倍換算で日経平均株価を549円の押上げ効果=週間上昇幅531円は適正評価⇒[外資系手口]先週末は直近買越し上位のUBS、Gサックス、モルガンSと買ポジ筆頭のJPモルガンが調整の売り=上昇のエンジン役を担った先物外人買いはピークを打った可能性高い(経験則では外人が売越し転換した数週間後に株価がピークを迎えるパターンが多い[バリュー]日経平均EPSは1,475円に上昇=ドル円修正換算のPER15倍で22,627円が適正バリュー⇒先週末のCME225先物は22,640円まで上昇し引けは22,605円=22,666円が射程距離⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値22,605円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗) 敗)

 

<11月2日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    =22,470円~22,610円 
・225先物ナイト終値            = 22,510円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 114.00円~114.30円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
FOMCの景気予想上方修正ニュアンスを好感し続伸 
 NYダウは57㌦高の23,435㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利横ばいながら小幅続伸 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は114.05円(前営業日15時:113.91円)
    [225先物夜間市場概況]    
決算発表期待強まり22,500円乗せ 
 (ナイト終値)22,510円(CME最終値)22,530円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]豪貿易収支・ 消費者態度指数 [引後]英金融政策・ユーロ圏PMI改定値・米労働生産性[決算](日本)丸紅・伊藤忠・三井物・アサヒ・マツダ・スズキ・三菱ケミ(米国)AAPL・BABA・AIG・SBUX・RACE

日経平均のバリュエーション(PER=15.24倍:PBR=1.33倍)
◎今期予想のEPS=1,471.13円
◎前営業日15:00のドル円(113.91円)換算の修正EPS=1,504.30円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=21,060円~(15倍)=22,565円~(16倍)=24,069円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Cスイス・みずほ・ソシエテ・メリル・SMBC
(売越し上位)大和・パリバ・シティ・Gサックス・アムロ
[外人]+53枚 [国内]-423枚⇒日中立合の外資系手口ではCスイスとUBSの買越しは確認できるが、買越枚数は少なく先物市場では前日の急騰を象徴する買い主役は見当たらない
★外資系ポジション(12月限)=[225]105,013枚(-790枚)[TOPIX]+223,953枚(+562枚)[合計]+328,955枚(-228枚〉

◆ドル円の状況⇒金利低下で始まったがFOMCを受け反転し米長国利回りは(2.377%)で変わらず=ドル円は前日15時比で小幅安⇒FRB議長はパウエル選出に決定⇒次のテーマは明日の米平均賃金に移る⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の114.05円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒[需給]前日の先物手口ではCスイスとUBSが買越しとなったが、大幅高を先導できる買いロットではなかったことから、前日の大幅高は現物市場主導の上昇と考えられる[バリュー]予想以上の好決算=日経平均EPSが前日の決算発表で26.8円上昇し、PER15倍換算で402円の上昇効果となり、前日の大幅高が正当評価される(ドル円修正換算でEPSは1,504円となり、PER15倍で22,565円が適正バリュー)⇒[ファンダメンタルズ]米第4半期GDPナウは4.5%に上方修正⇒ナイトで22,500円をあっさりクリアしたことから次の節目22,666円が射程距離に⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値22,510円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎豪貿易収支◎消費者態度指数◎独失業率◎ユーロ圏非製造業PMI改定値◎米非農業部門労働生産性(2.4%)◎米失業保険申請件数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎英PMI◎ADP雇用統計
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎消費支出◎中国PMI◎米ISM製造業景況指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.34(+1.23) [S&PVIX指数]10.20(+0.02) [空売比率]38.0(-1.7) 

 

<11月1日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    =22,070円~22,240円 
・225先物ナイト終値            = 22,210円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.30円~113.90円 



<コメント>


    [NY株式市場概況]
良好な経済指標とアップル決算期待で続伸 
 NYダウは28㌦高の23,377㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利上場を受け反発 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.68円(前営業日15時:113.13円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円反発とNY株高を受け大幅続伸 
 (ナイト終値)22,210円(CME最終値)22,210円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]中国PMI [引後]英PMI・FOMC・米(ADP雇用統計・ISM製造業)[決算](日本)ホンダ・住化・JT・武田・KDDI・ANA(米国)FB・CVI・ES・MET・MRO・ALL・AWK

日経平均のバリュエーション(PER=15.24倍:PBR=1.32倍)
◎今期予想のEPS=1,444.33円
◎前営業日15:00のドル円(113.13円)換算の修正EPS=1,471.27円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,598円~(15倍)=22,069円~(16倍)=23,540円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・UBS・アムロ
(売越し上位)パリバ
[外人]+1,735枚 [国内]-387枚⇒日中総合ではUBS、モルガンS、アムロが買越し=外人買いに衰え見られず
★外資系ポジション(12月限)=[225]105,803枚(+1,141枚)[TOPIX]+223,391枚(-967枚)[合計]+329,194枚(+174枚〉

◆ドル円の状況⇒堅調な経済指標を受け米長国利回りは(2.377%)に上昇=ドル円は前日15時比で大幅上昇⇒円安シナリオが素直に進まず円高(ドル安)傾向に転換の可能性あり?⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)中立(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.68円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒[需給]適度の休憩と買主役の持回りで外人買いの勢いは止まる気配なし[バリュー]日経平均EPSが1,444円に上昇(PER15倍で21,660円・円安換算のPER15倍は22,060円)業績相場を意識した場合はPER16倍(23,100円・23,500円)を目指す展開が予想される[ファンダメンタルズ]世界景気は好調維持[想定リスク]米減税法案難航・米サプライズ指数反落・ロシアゲート・中国経済失速・地政学リスク・欧州政治⇒当面下落する材料が見当たらず総強気になった市場センチメントがリスク?⇒小休止を交えながら押し目なしで22,666円まで上昇の可能性高まる⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,910円比、マイナス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎中国PMI(51)◎英PMI◎米ADP雇用統計(20万人)◎ISM製造業景況指数(59.4)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎鉱工業生産◎ユーロ圏GDP◎ユーロ圏失業率◎ケースシラー住宅価格指数◎シカゴPMI◎米消費者信頼感指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎全世帯消費支出◎中国製造業PMI◎中国非製造業PMI 

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.11(-0.16) [S&PVIX指数]10.18(-0.32) [空売比率]39.7(-4.3) 

 

<10月31日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,850円~22,050円 
・225先物ナイト終値            = 21,910円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.00円~113.50円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
段階的減税案報道とロシアゲート再燃を嫌い反落 
 NYダウは33㌦高の23,434㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利低下で下落 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.15円(前営業日15時:113.64円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円下落とNY株安を受け続落 
 (ナイト終値)21,910円(CME最終値)21,895円

今日の主要材料⇒[寄前]鉱工業生産[日中]中国PMI・日銀金融政策 [引後]黒田発言・ユーロ圏(GDP・HCPI)・米(雇用コスト指数・住宅価格指数・シカゴ景気指数・消費者信頼感)[決算](日本)重工・キリン・NEC・ソニー・村田製・パナソニック・東電(米国)PFE・DDD・ADM・MA

日経平均のバリュエーション(PER=15.33倍:PBR=1.33倍)
◎今期予想のEPS=1,435.86円
◎前営業日15:00のドル円(113.64円)換算の修正EPS=1,466.30円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,528円~(15倍)=21,995円~(16倍)=23,461円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) ドイツ・パリバ・モルガンS・メリル・ソシエテ
(売越し上位)野村・SMBC・みずほ・Cスイス・バークレイズ
[外人]+9,250枚 [国内]-9,769枚⇒上昇相場の買方(Gサックス・UBS・モルガンS・アムロ)は買ポジ3位と4位のモルガンS、アムロが買越し⇒短期売買のドイツが買筆頭で売りは野村⇒TOPIXをGサックスが2000枚買ロール、JPモルガンは1000枚売ロール
★外資系ポジション(12月限)=[225]104,662枚(+6,173枚)[TOPIX]+224,358枚(+1,991枚)[合計]+329,020枚(+8,164枚〉

◆ドル円の状況⇒法人減税の段階的引下げ案報道を受け米長国利回りは(2.370%)に下落=ドル円は前日15時比で下落⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.16円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒今回の上昇相場のエンジンは過去の相場形成時と同じGサックスとUBSの2強リーダーにモルガンSとアムロが加わったイメージ(経験則ではGサックスとUBSが買ポジ縮小に転換したときが相場のピーク)⇒決算発表では期待値に届かない上方修正企業と不祥事による下方修正企業が業績期待ムードを冷やす=上半期は6円の円安効果が決算に好影響となっているが、下半期の為替差益不透明感と来年度予想についての下方修正(0~3%)が上値を重くする可能性が浮上⇒前日の日銀のETF買付け額は709億円に減額となり予想の1,000億円とはならず⇒先週からドル円とNY株価を無視した相場展開となっているが、そろそろ連動相場に回帰する可能性あり⇒日中は外人動向が反映される後場寄前後と14時前後の大口売買に注意(先高期待と押し目買いに月末の特殊フローが絡む展開は流れ的には買い優勢か?)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,910円比、プラス予想 (直近5日・2勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎鉱工業生産(-1.6%)◎中国PMI(52.4&55.4)◎ユーロ圏GDP(2.3%)◎ユーロ圏HCPI◎米雇用コスト指数(0.5%)◎ケースシラー住宅価格指数◎シカゴ購買部協会景気指数(65.2)◎米消費者信頼感指数(119.8)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎百貨店・スーパー販売額◎米PCE◎独小売売上高
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎小売業販売額◎独CPI

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.27(+0.26) [S&PVIX指数]10.50(+0.70) [空売比率]44.0(+5) 

 

<10月30日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,970円~22,110円 
・225先物ナイト終値            = 22,030円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.40円~114.10円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
IT好決算とGDP上ブレを受けて続伸(ナスは2.2%の急騰) 
 NYダウは33㌦高の23,434㌦
    [ドル円NY為替概況]
米金利上下に振らされたが結果的に反落 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.66円(前営業日15時:114.13円)
    [225先物夜間市場概況]    
ナス大幅高ながらドル円反落で小幅安 
 (ナイト終値)22,030円(CME最終値)22,050円

今日の主要材料⇒[寄前]小売業販売額[日中]なし [引後]独CPI・米(PCE・個人所得・ダラス連銀活動指数)[決算](日本)
花王・神戸鋼・京セラ・野村・任天堂(米国)IDTI・MDLZ


モーサテ・サーベイ週間予想(39人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)21,600円⇔22,400円(予想中央値)22,000円(予想最多値)22,200円 
[ドル円 ](終値予想上下限値)112.50円⇔115.00円(予想中央値)114.00円(予想最多値)114.00円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)21,700円⇒22,008円 (ドル円)113.50円⇒113.69円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)21,652円~22,265円(予想終値)上昇 
[ドル円 ](予想レンジ)112.34円~115.93円(週末16時の予想値)上昇 

日経平均のバリュエーション(PER=15.30倍:PBR=1.33倍)
◎今期予想のEPS=1,438.46円
◎前営業日15:00のドル円(114.13円)換算の修正EPS=1,472.48円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,615円~(15倍)=22,087円~(16倍)=23,560円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) シティ・野村・JPモルガン・パリバ
(売越し上位)メリル・アムロ・三菱
[外人]-2,114枚 [国内]+854枚⇒225日中市場はJPモルガンの買攻勢にアムロが益出の売向いがメイン・他の買ポジブローカーの買越しはGサックス、Cスイス⇒外人総計ポジションは2日続けての売越し
★外資系ポジション(12月限)=[225]98,956枚(-528枚)[TOPIX]+220,413枚(-1,121枚)[合計]+319,369枚(-1,649枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系総計の12月限月のポジションは6,843枚の買越しで週末2日間は売越しに変化⇒買越しメインはGサックス、モルガンSで売越しメインはJPモルガン、メリル
★★買ポジ外資系の(9月8日~10月27日:19,274円~22,008円:2,734円上昇)期間中の期近先物の買越し上位⇒[225買越上位]ソシエテ・パリバ・アムロ・シティ=ソシエテとパリバは裁定絡みの為、ネット買増し上位はアムロ(18,500枚)とシティ(10,700枚)であり、他(JPモルガン、Cスイス、モルガンS)は合計して16,400枚=売ポジのGサックスは12,800枚の買戻し⇒[TOPIX買越上位]Gサックス(31,600枚)モルガンS(15,200枚)が買増し上位で売りポジだったUBSが(35,300枚)を買越し18,400枚の買ポジに転換[合計買越上位]Gサックス(38,800枚)UBS(32,900枚)モルガンS(21,000枚)アムロ(15,600枚)⇒期間中の外資合計ポジは14万枚(+77%)の増加⇒今後はGサックスとUBSのポジション変化に注意

◆ドル円の状況⇒[24日現在のCFTC大口投機玉ネット]=円売残は116,857枚で15,571枚の増加(20日現在のドル円FX建玉は53,793枚のドル買越・週間比で134,808枚の大幅減)=米長国買残は153,597枚で473,597枚の増加(利回りは+0.108%の2.406%)⇒先週末の米長国利回りはGDP上ブレと株高を受け2.47%まで上昇後カタルーニャのデモ騒動を受け(2.428%)に下落=ドル円は114.41円まで上昇後反落となり前日の15時東京タイム比では大幅安⇒好環境(欧米株高・米金利上昇)にもにも拘わらず上値が重い展開⇒FRB議長後任はパウエルが議長、テイラーが副議長の可能性高い?⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.66円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒先週はJPモルガンの先物売買で上下(21,650円~22,050円)に振らされたイメージ⇒225先物が2,700円上昇した直近2か月弱の外資系買越主役ブローカーはGサックスとUBSとモルガンS(今後はGサックスとUBSのポジション変動に注意)⇒過去の連騰時のテーマ(所得倍増計画・バブル景気・アベノミクス)は長期的経済効果が明確だったが、今回は18年3月の業績期待のみであり長期的な期待テーマは不在⇒PER15倍の21,500円以上は割高水準となるが、外資系の強引な買攻勢が収まるまでは超楽観的な市場センチメントが続く可能性高い=外人買いが何時収まるかの予測は困難だが、かなり近いことは確実⇒上値メドは(21,666円)と(23,000円)が一般的観測⇒今週は先週までの流れが継続する確率が70%、揉み合いとなる確率が30%と予測される⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値22,030円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎小売業販売額◎独CPI◎米個人所得◎米PCEコア◎ダラス連銀製造業活動指数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎独輸出入物価指数◎米GDP
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎豪PPI◎仏消費者信頼感

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.01(-0.27) [S&PVIX指数]9.80(-1.50) [空売比率]39.0(-1.5) 

 

<10月27日の予想レンジ> 7:10編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,810円~21,950円 
・225先物ナイト終値            = 21,860円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.80円~114.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
下院での予算案可決と好決算を受け反発(ナスは下落⇒引後のIT好決算を受け反発)
 NYダウは71㌦高の23,400㌦
    [ドル円NY市場概況]
米金利上昇を受け上昇 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は114.04円(前営業日15時:113.49円)
    [225先物夜間市場概況]    
NY株とドル円上昇を受け大幅続伸 
 (ナイト終値)21,860円(CME最終値)21,855円

今日の主要材料⇒[寄前]CPI[日中]豪PPI [引後]仏消費者信頼感・米(GDP・ミシガン大消費指数)[決算](日本)川重・信越化・JR東日本・コマツ(米国)XOM・CVX・PSX・MRK

日経平均のバリュエーション(PER=15.18倍:PBR=1.32倍)
◎今期予想のEPS=1,432.13円
◎前営業日15:00のドル円(113.49円)換算の修正EPS=1,461.42円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,460円~(15倍)=21,921円~(16倍)=23,383円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Gサックス・バークレイズ・Cスイス・国内中小
(売越し上位)アムロ・シティ・モルガンS
[外人]-966枚 [国内]+1,647枚⇒
日中総合では注目のJPモルガンとCスイスは買越し復帰・Cスイスは日替わり益出しで売越し筆頭⇒日中総計はGサックス買越しvsアムロ、シティの売越し
★外資系ポジション(12月限)=[225]99,127枚(-356枚)[TOPIX]+221,501枚(-33枚)[合計]+320,628枚(-389枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB後任にイエレン脱落情報で米長国利回りは続伸(2.461%)=ECBのハト派的テーパリング(減額+期限延長)によるユーロ安ドル高もありドル円は前日の15時東京タイム比で上昇し104円台回復⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の114.04円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒外部環境(NY株・ドル円)好転を受け上昇復帰(22,000円の壁を簡単にクリアする可能性高まる)⇒外資系の売りはフェイクだった可能性高い(アムロは益出し売りながらJPモルガンとCスイスは買越し復帰)⇒上場企業通期純利益は前期比で+12.1%に上方修正の可能性高まる⇒米IT決算好調でナス先物は反発⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,860円比、プラス予想 (直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎CPI(0.7%)◎豪PPI◎仏消費者信頼感指数◎米GDP(2.6%)◎ミシガン大学消費者態度指数(100.6)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎企業向けサービス価格指数◎米新規失業保険申請件数◎
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎独GFK消費者信頼感調査◎米住宅販売保留指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.28(-0.42) [S&PVIX指数]11.30(+0.07) [空売比率]40.5(+0.6) 

 

<10月26日の予想レンジ> 7:10編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,610円~21,780円 
・225先物ナイト終値            = 21,700円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.40円~114.10円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
急ピッチの金利上昇警戒もあり利益確定の売り優勢の展開 
 NYダウは112㌦安の23,329㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利上昇も米株式下落警戒で横ばい 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.78円(前営業日15時:113.83円)
    [225先物夜間市場概況]    
環境好転ならず続落 
 (ナイト終値)21,700円(CME最終値)21,710円

今日の主要材料⇒[寄前]企業向けサービス価格指数[日中]なし [引後]独消費者信頼感 ・ECB理事会・米住宅販売保留指数[決算](日本)富士通・NTTドコモ・日立・キリン・小糸製(米国)AMZN・GOOGL・INTC・TWYR・F・MSFT

日経平均のバリュエーション(PER=15.17倍:PBR=1.32倍)
◎今期予想のEPS=1,430.96円
◎前営業日15:00のドル円(113.83円)換算の修正EPS=1,462.60円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,477円~(15倍)=21,940円~(16倍)=23,402円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) アムロ・大和・国内中小・パリバ・メリル・Cスイス
(売越し上位)JPモルガン・野村・HSBC・みずほ・UBS
[外人]+2,224枚 [国内]-895枚⇒買ポジ筆頭のJPモルガンが225を売越し転換(TOPIXの売り1300枚はロール)=外人の買ポジ調整リスクに注意
★外資系ポジション(12月限)=[225]99,483枚(+1,8350枚)[TOPIX]+221,534枚(+1,109枚)[合計]+321,017枚(+2,944枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB後任テイラー思惑と指標(耐久財受注・新築住宅販売)上ブレと英利上げ観測で米長国利回りは一時2.475%まで急上昇もNY株軟化で上げ幅縮小(2.435%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で横ばい⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.83円比、マイナス予想
◆日経225先物の状況⇒16連騰の異常相場が終わり21,700円をベースにした新たな相場がスタート⇒日柄調整入りか?一服のみで上昇復帰か?ヘッジFとCTAの売買動向次第(JPモルガンとCスイスとアムロの手口に注目)⇒市場の噂(日銀のETF一回の買ロットが730億円から1000億円に上昇)⇒今夜の米IT銘柄決算に注目⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,700円比、マイナス予想 (直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎企業向けサービス価格指数◎独消費者信頼感指数◎米住宅販売保留指数◎米新規失業保険申請件数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎独IFO企業景況感指数 ◎英GDP◎米耐久財受注◎米住宅価格指数◎米新築住宅販売件数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎豪CPI

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.70(+0.80) [S&PVIX指数]11.23(+0.07) [空売比率]39.9(+2.2) 

 

<10月25日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,810円~21,970円 
・225先物ナイト終値            = 21,900円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.70円~114.20円 



<コメント>


    [NY株式市場概況]
好決算銘柄(CAT・3M)と金利上昇を受けた金融株リードで大幅反発 
 NYダウは167㌦高の23,441㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利上昇を受け続伸 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.91円(前営業日15時:113.50円)
    [225先物夜間市場概況]    
NY株とドル円上昇を受け続伸 
 (ナイト終値)21,900円(CME最終値)21,905円

今日の主要材料⇒[寄前]豪CPI[日中]なし [引後]独企業景況感指数 ・英GDP・加金融政策・米(耐久財受注・新築住宅販売)[決算](日本)日立化成・ファナック・日立建・アドバンテ(米国)BA・KO・NOC・V・AMGN

日経平均のバリュエーション(PER=15.22倍:PBR=1.32倍)
◎今期予想のEPS=1,432.67円
◎前営業日15:00のドル円(113.50円)換算の修正EPS=1,462.04円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,469円~(15倍)=21,931円~(16倍)=23,393円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・Gサックス・ソシエテ・パリバ・シティ
(売越し上位)メリル・HSBC・JPモルガン・ドイツ・バークレイズ・アムロ
[外人]+668枚 [国内]-951枚⇒(225)モルガンS、ソシエテ、パリバの買越しvsメリル・HSBC・ドイツの売越し(TOPIX)Gサックス、モルガンS、UBSの買越しvsJPモルガン、HSBC、みずほの売越し⇒TOPIXはUBSが2500枚、Gサックスが2000枚、JPモルガンが1500枚12月限買い3月限売りのロール・HSBCが3000枚の12月限売り3月限買いのロール・225はGサックスが500枚12月限買い3月限売りのロール⇒ネットではGサックス買いvsメリル売りの構図⇒20日現在の10月累計225先物買ポジ積上げ上位は(ソシエテ・パリバ・JPモルガン)・買手口が目立った(Cスイス・モルガンS)は225とTOPIXの合計ネットで売越し・Gサックスの225とTOPIXの合計買越し枚数は僅か2,986枚
★外資系ポジション(12月限)=[225]98,288枚(+654枚)[TOPIX]+215,664枚(+772枚)[合計]+313,952枚(+1,426枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB後任テイラー情報と減税裁決難航報道で上下に振れたが結果的に米長国利回りは大幅上昇(2.420%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で上昇⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.91円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒⇒経験則を超えた上昇の軌跡は未知の領域に入り上値メドが予測困難となる=NY株の上昇基調が続く限り連動高となる可能性高まる=現物市場では欧米の年金や政府系ファンドによる日本株のリバランス(欧米株上昇による比率修正)買いニーズと日銀のETF買いニーズに対して国内法人の持ち合い解消の売りニーズと年金の利益確定の売りニーズの絡み合い⇒PERは15.22倍まで上昇し割高ゾーンに突入
225先物の日中引値はナイト終値21,900円比、プラス予想 (直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎豪CPI◎独IFO企業景況感指数◎英GDP◎米耐久財受注(1%)◎米住宅価格指数 ◎米新築住宅販売件数(-1%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎米製造業PMI◎ユーロ圏製造業PMI
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎ユーロ圏サービス部門PMI◎リッチモンド連銀製造業指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]14.90(+0.23) [S&PVIX指数]11.16(+0.09) [空売比率]37.7(-0.5) 

 

<10月24日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,620円~21,760円 
・225先物ナイト終値            = 21,620円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.30円~114.70円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
買い疲れから利益確定の売り優勢で反落 
 NYダウは54㌦安の23,273㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利反落で下落 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.41円(前営業日15時:113.64円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円とNY株の騰勢一服を受け反落 
 (ナイト終値)21,620円(CME最終値)21,650円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]ユーロ圏PMI・リッチモンド連銀指数[決算](日本)日電産・キャノン・日立金(米国)AT&T・CAT・MCD・UTX・GM・MMM・LMT

日経平均のバリュエーション(PER=15.13倍:PBR=1.31倍)
◎今期予想のEPS=1,434.03円
◎前営業日15:00のドル円(113.64円)換算の修正EPS=1,464.43円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,502円~(15倍)=21,966円~(16倍)=23,431円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・Gサックス・ソシエテ・パリバ・シティ
(売越し上位)メリル・HSBC・JPモルガン・ドイツ・バークレイズ・アムロ
[外人]+668枚 [国内]-951枚⇒(225)モルガンS、ソシエテ、パリバの買越しvsメリル・HSBC・ドイツの売越し(TOPIX)Gサックス、モルガンS、UBSの買越しvsJPモルガン、HSBC、みずほの売越し⇒TOPIXはUBSが2500枚、Gサックスが2000枚、JPモルガンが1500枚12月限買い3月限売りのロール・HSBCが3000枚の12月限売り3月限買いのロール・225はGサックスが500枚12月限買い3月限売りのロール⇒ネットではGサックス買いvsメリル売りの構図
★外資系ポジション(12月限)=[225]98,288枚(+654枚)[TOPIX]+215,664枚(+772枚)[合計]+313,952枚(+1,426枚〉

◆ドル円の状況⇒株価軟調を受け米長国利回りは低下(2.370%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で下落⇒騰勢一服でFRB後任人事とECB待ち⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.41円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒外資系大手ブローカーは明確な買ポジ積み上げスタンスではなく回転を効かせながらの買攻勢スタンス=何時でも売り逃げ出来る体制⇒バリュー的上値メドは21,966円に上昇⇒過去の経験則が当てはまらない連騰記録(明確な将来期待ではなく種々の一時的な要素と海外要因によるタイトロープ的連騰)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,620円比、プラス予想 (直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎仏PMI◎独PMI◎ユーロ圏PPMI(57.8:55.6)◎リッチモンド連銀製造業指数(16)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎ユーロ圏消費者信頼感◎シカゴ連銀全米活動指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎景気先行指数改定値

    [参考指標] 
[日経平均VI]14.67(-1.38) [S&PVIX指数]11.07(+1.10) [空売比率]38.2(±0) 

 

<10月23日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,470円~21,670円 
・225先物ナイト終値            = 21,560円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 113.60円~114.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
減税期待の高まりと好決算銘柄高騰と金利上昇による金融株上昇で3指数ともに上昇 
 NYダウは165㌦高の23,328㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利上昇を受け続伸

 NY市場(AM5:30)現在のドル円は113.47円(前営業日15時:113.13円)
    [225先物夜間市場概況]    
円安とNY株高を受け21,500円台達成ながら出来高減少 
 (ナイト終値)21,560円(CME最終値)21,555円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]景気先行指数改定値 [引後]ユーロ圏消費者信頼感[決算](日本)安川電(米国)KMB・HAL

モーサテ・サーベイ週間予想(35人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)20,000円⇔22,000円(予想中央値)21,600円(予想最多値)21,700円 
[ドル円 ](終値予想上下限値)112.00円⇔114.50円(予想中央値)113.50円(予想最多値)113.50円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)21,200円⇒21,457円 (ドル円)112.00円⇒113.13円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)20,981円~22,084円(予想終値)上昇 
[ドル円 ](予想レンジ)111.62円~114.24円(週末16時の予想値)上昇 

日経平均のバリュエーション(PER=15倍:PBR=1.30倍)
◎今期予想のEPS=1,430.51円
◎前営業日15:00のドル円(113.13円)換算の修正EPS=1,457.19円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,401円~(15倍)=21,858円~(16倍)=23,315円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) アムロ・シティ・大和
(売越し上位)国内中小・ソシエテ・三菱
[外人]+3,885枚 [国内]-3,439枚⇒(225)アムロ、大和の買越しvs国内中小、三菱の売越し(TOPIX)シティの買越しvsJPモルガンの売越し⇒米予算通過を材料にアムロが大量買越し、売越しは国内中小
★外資系ポジション(12月限)=[225]98,226枚(+5,094枚)[TOPIX]+214,251枚(+556枚)[合計]+312,517枚(+5,650枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系総計の12月限月のポジションは16,381枚の買越しで先々週比では約2万枚の減少⇒先々週のように際立った大口の買越しブローカーは見当たらず⇒先々週のモルガンSとCスイスのマジック買越し(日々累計は買越しだったが、週間の修正手口では売越し)は影を潜める

◆ドル円の状況⇒[17日現在のCFTC大口投機玉ネット]=円売残は101,286枚で133枚の微減(13日現在のドル円FX建玉は188,601枚のドル買越・週間比で82,858枚の大幅増)=米長国買残は106,291枚で86,315枚の大幅減(利回りは-0.047%の2.298%)⇒東京タイム午前に米下院での18年度予算決議案通過(税制改革進展)を受けて米長国利回りは大幅上昇(2.381%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で続伸⇒自民圧勝を受けて円安進行(6;36現在)113.86円⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の113.47円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒米予算決議通過情報を受けたディーリングブローカー(アムロ)の買仕掛けと売方の買戻しで14連騰⇒夜間終値と自民圧勝を考慮すると15連投はホボ確実⇒バリュー的にはPER15.07倍(ドル円14円換算EPSで14.76倍)は適正水準であり割安感は解消⇒専門家が主張する業績相場入りならPER16倍の23,000円まで上昇の可能性高いが、過去の記録に並んだ14日連騰の原動力は外部要因[9月11日以降6週連騰の米国株(NYダウの1,531㌦高=7%の上昇)と円安進行(5.02円の円安)]がメインエンジンであり、国内専門家がメディアで主張する内部要因(業績拡大期待)と解散総選挙は補助エンジンに過ぎないものと考えられる=日本株のファンダメンタルズは米国のような減税期待もなくアベノミクス追加期待もなく来年のGDPは低下予想であることから、今後も頼れるのは世界好景気持続と円安進行とNY株高の外部要因期待と考えるのが賢明⇒米法人税減税による米主要企業の増益寄与は+7%となるが現時点のS&P500のPER19.56倍は経験則から割高水準であり、ドル円も米レパトリ税軽減による一時的なドル高円安効果は見込めるが、米市場の適温環境(低金利と過剰流動性と景気改善)が傾けば反動も大きいことに注意が必要⇒PER15倍超は年金マネーのヘッジ売りと資産構成比率修正のリバランス売り上値が重くなる可能性高い⇒日経平均の目先の上値メドはドル円104円換算のPER15倍で21,950円が妥当水準と考えられる⇒日中市場は海外環境(欧米株高・円安)に自民圧勝が後押しとなり常識的には上値追いの展開が予想される(リスクは材料出尽くしによる外人売り)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,560円比、プラス予想 (
直近5日・4勝1敗) 

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎景気先行指数改定値◎ユーロ圏消費者信頼感
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎独PPI◎ユーロ圏経常収支◎米中古住宅販売件数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎加CPI◎加小売売上高◎

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.05(+0.87) [S&PVIX指数]9.97(-0.08) [空売比率]38.2(-0.2) 

 

<10月20日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,270円~21,390円 
・225先物ナイト終値            = 21,320円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.40円~112.80円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
情報通信売られたが情報技術買われ、ナスダックは下落ながらダウとS&Pは小幅続伸 
 NYダウは5.44㌦高の23,163㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利反落を受け下落 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.53円(前営業日15時:113.02円)
    [225先物夜間市場概況]    
円高とNY株安で売られたが、NYダウ持直しを受け下げ幅縮小 
 (ナイト終値)21,320円(CME最終値)21,335円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]独PPI・黒田発言・米中古住宅販売)[決算](日本)東製鉄・KOA(米国)SLB・GE・PG

日経平均のバリュエーション(PER=15倍:PBR=1.30倍)
◎今期予想のEPS=1,429.00円
◎前営業日15:00のドル円(113.02円)換算の修正EPS=1,454.86円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,368円~(15倍)=21,823円~(16倍)=23,278円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) ソシエテ・モルガンS・バークレイズ・野村・Gサックス
(売越し上位)みずほ・JPモルガン・ドイツ・SMBC・三菱
[外人]+3,053枚 [国内]-2,206枚⇒(225)ソシエテの買越しvsSMBCの売越し(TOPIX)野村、Gサックス、モルガンSの買越しvsみずほ、三菱の売越し⇒モルガンSの買継続=外人買継続⇒裁定絡みの売買がメイン
★外資系ポジション(12月限)=[225]93,172枚(+2,211枚)[TOPIX]+213,695枚(+1,252枚)[合計]+306,867枚(+3,463枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB議長後任思惑とカタルーニャリスク意識で米長国利回りは低下(2.317%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で下落⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.53円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒13連騰の反動と21,500円達成感から夜間は下落⇒欧米株式と為替市場がカタルーニャ独立宣言の影響を意識したことは超楽観ムードに変化の兆し?⇒夜間市場での下落がガス抜きとなり上昇回帰となるのか?日柄調整に入るのか?日中市場は強弱感強まる可能性高い⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,320円比、プラス予想

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎独PPI◎加CPI◎加小売売上高◎ユーロ圏経常収支◎米中古住宅販売件数(-0.9%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎中国小売売上高◎中国鉱工業生産 ◎FF連銀製造業景気指数◎新規失業保険申請件数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎中国固定資産投資◎ 全産業活動指数◎米景気先行指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.18(+0.41) [S&PVIX指数]10.05(-0.02) [空売比率]38.4(+1.1)     [先物取引手口概況]     


★日中市場手口概況  12月限の(立会取引)   

225(日中立会取引上位)
買越し⇒野村 
売越し⇒ドイツ・SMBC
TOPIX(日中立会取引上位)
買越し⇒野村・モルガンS  売越し⇒ソシエテ 
合計(日中市立会引枚数上位)
買越し⇒野村・バークレイズ・モルガンS・シティ 
売越し⇒ドイツ・SMBC・メリル 
◆(合計増減枚数)外人-534枚・国内+1,418枚   

★[日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) ソシエテ・モルガンS・バークレイズ・野村・Gサックス
(売越し上位)みずほ・JPモルガン・ドイツ・SMBC・三菱
[外人]+3,053枚 [国内]-2,206枚⇒(225)ソシエテの買越しvsSMBCの売越し(TOPIX)野村、Gサックス、モルガンSの買越しvsみずほ、三菱の売越し⇒モルガンSの買継続=外人買継続⇒裁定絡みの売買がメイン
★外資系ポジション(12月限)=[225]93,172枚(+2,211枚)[TOPIX]+213,695枚(+1,252枚)[合計]+306,867枚(+3,463枚〉

   [日経オプション期近限月取引概況]  


日経225取引高⇒(プット)87292枚   (コール)62973枚   
TOPIX取引高  ⇒(プット)0枚   (コール)120枚   
日経225建玉残⇒(プット)1386095枚+23928枚   (コール)1016860枚+17278枚    
TOPIX建玉残  ⇒(プット)50554枚+0枚  (コール)14212枚+120枚   

目立った手口(225OP日中総合)
(ロング)なし (ショート)なし
売買高上位銘柄(ATM±4行使価格範囲内)
 21000P 20750P
建玉残高上位(ATM±4行使価格範囲内)
(コール)21500円・22000円     
(プット)21000円・20750円

 

<10月19日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,390円~21,550円 
・225先物ナイト終値            = 21,450円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.80円~113.30円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
好決算のIBMと金利上昇を受けた金融株主導で大幅続伸(ナスは+0.01%の小幅高) 
 NYダウは160㌦高の23,157㌦
    [ドル円NY市場概況]    
長期及び中期金利上昇を受け大幅高 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.93円(前営業日15時:112.29円)
    [225先物夜間市場概況]    
NY株とドル円大幅上昇ながら100円高に留まる 
 (ナイト終値)21,450円(CME最終値)21,450円

今日の主要材料⇒[寄前]貿易統計[日中]豪失業率・中国(GDP・小売売上高・鉱工業生産・固定資産投資)・全産業活動指数 [引後]黒田発言・英小売売上高・米(FF連銀指数・景気先行指数)[決算](米国)PM・PYPL・VZ

日経平均のバリュエーション(PER=14.95倍:PBR=1.30倍)
◎今期予想のEPS=1,428.97円
◎前営業日15:00のドル円(112.29円)換算の修正EPS=1,449.62円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,295円~(15倍)=21,744円~(16倍)=23,194円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) 国内中小・Gサックス・野村・ソシエテ
(売越し上位)JPモルガン・みずほ・SMBC
[外人]-2,061枚 [国内]+2,123枚⇒(225)国内中小、Gサックスの買越しvsメリル、JPモルガンの売越し(TOPIX)メリルの買越しvsJPモルガンの売越し⇒TOPIXと225の大口ロール[TOPIX]JPモルガン3600枚モルガンS1200枚(12月限売・3月限買)&メリル2400枚三菱700枚(12月限買・3月限売) [225]JPモルガン2500枚(12月限売・3月限買)&UBS2000枚(12月限買・3月限売)⇒ネットでは国内中小の買いvsみずほとSMBCの売りで国内同士の売買⇒外人のロールの意図は見えないが18年3月高値を意識したものなのか?
★外資系ポジション(12月限)=[225]90,960枚(-3,542枚)[TOPIX]+212,443枚(-595枚)[合計]+303.403枚(-4,131枚〉

◆ドル円の状況⇒地区連銀経済報告(緩やかな成長)を受け米長国利回りは大幅上昇(2.344%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で大幅上昇⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.93円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒12月限月では外人が売り超過となったが、買ポジ大手の外資系による大口のロール取引によるもので、ネットでは外人は買越を継続(
18年3月高値思惑によるHFの来期決算への利益持越し?)⇒21,500円の壁をクリアする好環境(円安・NT株高)が整ったことから外資系が買いを仕掛ける可能性高い⇒夜間終値換算のPERは15倍台回復(年金等の利益確定の売りに注意)⇒米国株は減税効果(1株利益12%の上昇効果)期待があることから日本株との上昇率格差は否めず⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い 

225先物の日中引値はナイト終値21,450円比、プラス予想(直近5日・3勝2敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎貿易統計◎豪失業率◎中国GDP(6.8%)◎中国小売売上高◎中国鉱工業生産◎中国固定資産投資◎全産業活動指数◎英小売売上高◎米FF連銀製造業景気指数(22)◎米景気先行指数(0.1%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎なし
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎米住宅着工件数◎米建設許可件数

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.04(-0.78) [S&PVIX指数]10.07(-0.24) [空売比率]37.3(+1.1) 

 

<10月18日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,240円~21,430円 
・225先物ナイト終値            = 21,350円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 111.80円~112.40円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
JNJとUNH好決算を受けヘルスケア主導の上昇(ナスは反落) 
 NYダウは40㌦高の22,997㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利連動で結果的に横ばい 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.21円(前営業日15時:112.18円)
    [225先物夜間市場概況]    
強弱感交錯で横ばい 
 (ナイト終値)21,350円(CME最終値)21,370円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]ドラギ発言・英失業率・米(住宅着工件数・地区連銀経済報告)[決算](米国)AA・USB・ABT・AXP・EBAY

日経平均のバリュエーション(PER=14.91倍:PBR=1.29倍)
◎今期予想のEPS=1,430.99円
◎前営業日15:00のドル円(112.18円)換算の修正EPS=1,450.88円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,312円~(15倍)=21,783円~(16倍)=23,214円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) メリル・JPモルガン・モルガンS・ソシエテ・野村
(売越し上位)みずほ・国内中小・三菱・ドイツ
[外人]+8,784枚 [国内]-4,293枚⇒(225)ソシエテ、モルガンS、JPモルガン、野村の買越しvs国内中小、アムロの売越し(TOPIX)メリル、JPモルガン、モルガンSの買越しvsみずほ、三菱、パリバの売越し⇒日中市場の買主役はメリルとモルガンS、売りは国内中小の売ポジ再構築⇒外人は買越し復活
★外資系ポジション(12月限)=[225]94,502枚(+2,666枚)[TOPIX]+213,038枚(+6,849枚)[合計]+307,540枚(+9,515枚〉

◆ドル円の状況⇒前日の反動で米長国利回りは低下(2.301%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で横ばい⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い売り(週足)買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.21円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒外資系は買越しスタンス継続で先物225とTOPIX合計の買ポジションは30万枚に達し過去最高を更新中(ドル建指数は高値更新中・リスクに意識が傾いた時のハシゴ外しに注意)⇒バリュー的にはPERが14.9倍の適正バリュー(過去の平均値)となり割安感は解消(為替差益を考慮したPERは14.7倍・日本企業の円高抵抗力は過去に比べ大幅改善しているが、現時点でもドル円の1円の変動で日経平均のEPSが0.5%~0.7%変動する事も事実)⇒21,500円を前に揉み合う展開が続いていることから、21,500円の壁が厚く感じられた場合は上昇一服で微調整の可能性あり(基本的にはNY株価とドル円動向任せの展開に変化なし)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,350円比、プラス予想(直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎英失業率◎米住宅着工件数(-0.4%)◎米建設許可件数(-2.5%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎米輸出入物価指数◎NAHB住宅市場指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎英PPI◎独ZEW景況感調査◎ユーロ圏ZEW景況感調査◎米設備稼働率

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.82(-0.93) [S&PVIX指数]10.31(+0.40) [空売比率]37.4(+1.1) 

 

<10月17日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,210円~21,460円 
・225先物ナイト終値            = 21,330円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 111.80円~112.40円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
好環境(金融決算・NY連銀景気指数)を背景に3指数ともに続伸 
 NYダウは85㌦高の22,956㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利上昇を受け112円台回復 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.16円(前営業日15時:111.90円)
    [225先物夜間市場概況]    
堅調なNY株とドル円を受け続伸 
 (ナイト終値)21,330円(CME最終値)21,335円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]英CPI・ユーロ圏景況感調査・米(鉱工業生産・設備稼働率・住宅市場指数 )[決算](米国)IBM・GS・JNJ・MS・UNH

日経平均のバリュエーション(PER=14.86倍:PBR=1.29倍)
◎今期予想のEPS=1,430.39円
◎前営業日15:00のドル円(111.90円)換算の修正EPS=1,448.27円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,276円~(15倍)=21,724円~(16倍)=23,172円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) メリル・Cスイス・国内中小・アムロ・モルガンS・Gサックス
(売越し上位)ソシエテ・UBS・パリバ・ドイツ
[外人]-165枚 [国内]+471枚⇒(225)国内中小の買越しvsソシエテ、JPモルガンの売越し(TOPIX)メリル、Cスイス、モルガンSの買越しvsパリバ、UBS、三菱、ソシエテの売越し⇒日中市場はCスイスが225&TOPIX合計で2,659枚の買越しで買攻勢継続ながら、裁定も絡み外資系合計では売越し転換⇒取引所の週間残高票では、先週22,000枚買越した筈のCスイスとモルガンSは5,000枚の売越し=SQ絡みのマジック?
★外資系ポジション(12月限)=[225]91,836枚(+496枚)[TOPIX]+206,189枚(+1,393枚)[合計]+298,025枚(+1,889枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB議長人事情報(タカ派候補)とNY連銀景気指数上ブレを受け米長国利回りは上昇(2.305%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で上昇⇒[テクニカル](5時間足)売り(日足)強い売り(週足)買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.16円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒日中はCスイス経由のHFは買攻勢継続だが、外人トータルでは裁定売買も絡み売越しとなり上昇ピッチは緩む⇒市場が全く意識していないリスク(地政学・欧州ポピュリズム・米テーパリング)は静かに進行中⇒NYダウは23,000㌦が通過点となるか?達成感となるか?⇒世界株価指数(ACWI)は米国株指数主導で高値更新が続く⇒日経平均は21,500円達成まで総強気の可能性高い⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,330円比、プラス予想(直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎英CPI◎ユーロ圏HCPI改定値◎ユーロ圏ZEW景況感調査◎米輸出入物価指数◎米鉱工業生産(0.2%)◎米設備稼働率◎ NAHB米住宅市場指数
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎中国PPI◎NY連銀製造業景気指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎鉱工業生産確報値◎ユーロ圏貿易収支

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.75(+0.39) [S&PVIX指数]9.91(+0.30) [空売比率]36.3(-3.6) 

 

<10月16日の予想レンジ> 6:50編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 21,110円~21,330円 
・225先物ナイト終値            = 21,220円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 111.70円~112.30円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
底堅い小売売上高とミシガン大消費指数を好感した買いで3指数ともに反発 
 NYダウは30㌦高の22,871㌦
    [ドル円NY市場概況]    
冴えないCPIを受けた米金利低下で続落
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は111.86円(前営業日15時:112.11円)
    [225先物夜間市場概況]    
円高進行ながら買い優勢でシッカリ 
 (ナイト終値)21,220円(CME最終値)21,240円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]中国CPI&PPI・鉱工業生産確定値 [引後]ユーロ圏貿易収支・米(NY連銀指数)[決算](米国)NFLX

モーサテ・サーベイ週間予想(35人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)20,800円⇔21,400円(予想中央値)21,200円(予想最多値)21,200円
 
[ドル円 ](終値予想上下限値)110.50円⇔113.00円(予想中央値)112.00円(予想最多値)112.00円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)20,800円⇒21,155円 (ドル円)113.00円⇒111.85円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)20,866円~21,876円(終値は前週終値比で上昇) 
[ドル円 ](予想レンジ)110.34円~113.89円(週末応当日16時の値は前週末日16時時比で上昇) 

日経平均のバリュエーション(PER=14.70倍:PBR=1.27倍)
◎今期予想のEPS=1,425.49円
◎前営業日15:00のドル円(112.28円)換算の修正EPS=1,446.02円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,244円~(15倍)=21,690円~(16倍)=23,136円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Gサックス・国内中小・Cスイス・モルガンS・ドイツ・みずほ
(売越し上位)野村・JPモルガン・パリバ・三菱・ソシエテ・メリル
[外人]+9,208枚 [国内]-6,974枚⇒(225)モルガンS、みずほ、ドイツ、Gサックス、国内中小、Cスイスの買越しvs野村、バークレイズ、パリバ、JPモルガン、メリル、三菱の売越し(TOPIX)Gサックス、国内中小、Cスイス、バークレイズの買越しvs野村、ソシエテ、JPモルガンの売越し⇒日中市場取引で急騰した買越し主役は、Cスイス(225とTOPIX合計で3,022枚)の買仕掛に踏み上げられた国内中小の買戻し(225とTOPIX合計で4,230枚)とGサックスの買増し(225とTOPIX合計で1,969枚)
★外資系ポジション(12月限)=[225]89,617枚(+1,527枚)[TOPIX]+203,821枚(+8,368枚)[合計]+293,438枚(+9,895枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系総計の12月限月のポジションは円高傾向にも拘わらず、225とTOPIX合計で34,344枚の大量買越し⇒買いを仕掛けたのは前々週同様CスイスとモルガンS(両社の225とTOPIX合計買越しは22,317枚)だが、前々週にTOPIXを13,650枚利食い売りしたGサックスが先週は21,615枚の大量買増しに転換

◆ドル円の状況⇒⇒[10日現在のCFTC建玉]=円売残は101.419枚で16,775枚の増加(6日現在のドル円FX建玉は105,743枚のドル買越・週間比で34,295枚の減少)=米長国買残は192,606枚で39,550の減少(利回りは+002%の2.345%)⇒先週末NYタイムはCPI下振れを受け米長国利回りは低下(2.280%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で下落⇒15日のイエレン発言は継続的な利上げ予定で若干タカ派的⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)強い売り(週足)買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の111.86円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒先週はドル円軟化にも拘らず外資系短期筋(Cスイス・モルガンS経由のHF)が大量(22,317枚)の買仕掛け=前々週に大量(14,102枚)の利食売りを出した買ポジ上位のGサックスが大量(24,457枚)の買直し=踏み上げられた国内中小の買戻し・日経平均ベアETF売りに伴う買戻し・21,000円ストライク価格の株価指数リンク債の買いニーズ等が誘発され週末はアッサリ節目の21,000円をクリアし大幅上昇=円高進行に拘わらず需給要因のみで急騰(後付け解釈は与党圧勝と業績向上)⇒小売業半期決算好調で10/13日現在の日経平均EPSは9/26比で22円の上方修正=同期間の825円上昇分の330円(PER15倍換算)は業績向上が押し上げ⇒今週は外資系が21,000円オーバーの出来高真空地帯を強引に買い仕掛けを続け一気に上値を追うのか?利益確定の売りでポジション調整を進めながらの21,000円固めとなるのか?⇒先週のドル円軟化を無視した歪んだ上昇はドル円が追い付いてこない場合はメッキが剥げる可能性あり⇒今日日中は先週末21,000円乗せの余韻もあり買い優勢の展開となる可能性高い⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)強い買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はナイト終値21,220円比、プラス予想(直近5日・4勝1敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎中国CPI&PPI(1.6%・6.3%)◎鉱工業生産確定値◎ユーロ圏圏貿易収支◎NY連銀製造業景気指数(20.4)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎米小売売上高(除自動車)◎ミシガン大学消費者態度指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎中国貿易収支◎米CPI◎米小売売上高

    [参考指標] 
[日経平均VI]16.36(+1.02) [S&PVIX指数]9.61(-0.30) [空売比率]39.9(+2.7) 

 

<10月13日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,890円~21,040円 
・225先物ナイト終値            = 20,960円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.10円~112.60円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
金融決算好調ながら材料出尽くしか?3指数ともに小反落 
 NYダウは31㌦安の22,841㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利低下ながら横ばい 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.28円(前営業日15時:112.28円)
    [225先物夜間市場概況]    
米国市場軟調ながら強保合い継続 
 (ナイト終値)20,960円(CME最終値)20,985円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]ミニSQ・中国貿易収支 [引後]米(CPI・小売売上高・ミシガン大消費指数)[決算](国内)レナウン(米国)WFC・BAC

日経平均のバリュエーション(PER=14.70倍:PBR=1.27倍)
◎今期予想のEPS=1,425.49円
◎前営業日15:00のドル円(112.28円)換算の修正EPS=1,446.02円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,244円~(15倍)=21,690円~(16倍)=23,136円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Gサックス・モルガンS・Cスイス・SMBC・シティ
(売越し上位)野村・ドイツ・みずほ・JPモルガン・UBS・大和
[外人]+11,085枚 [国内]-12,006枚⇒(225)モルガンS、シティ、Cスイス、SMBCの買越しvsドイツ、UBS、野村、みずほ、大和の売越し(TOPIX)Gサックス、モルガンS、Cスイスの買越しvs野村、JPモルガンの売越し⇒前々日の買主役モルガンSとGサックスにCスイスが買越復帰=外人買い加速の兆候
★外資系ポジション(12月限)=[225]88,039枚(+1,906枚)[TOPIX]+195,453枚(+9,210枚)[合計]+283,542枚(+11,117枚〉

◆ドル円の状況⇒30年債入札堅調を受け米長国利回りは低下(2.321%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で横ばい⇒今夜の米指標(CPI・小売売上高)思惑の攻防で反発か?⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)中立(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.28円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒買転換したGサックスの連日の買越しに従来の買い主体モルガンSとCスイスの買越し顕著で外人買い加速イメージも国内大手とドイツの売越しで21,000円キープはならず⇒メディアに強気論者の意見が掲載され始めたことと上昇の理屈付けが目立ち始めたが、市場センチメントのブル状態は未だ暫く続く可能性高い⇒米国株式は極度の楽観的ブル相場に陰りが見え始める(金融決算上ブレながら引当金上積みを嫌い反落)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い⇒週末のポジション調整で21,000円オーバーの終値は困難か?
225先物の日中引値はナイト終値20,960円比、マイナス予想(直近10日・7勝3敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎中国貿易収支◎米CPI(0.6%)◎ミシガン大学消費者態度指数(95.1)◎米小売売上高(1.6%)◎米企業在庫
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎ユーロ圏鉱工業生産◎米新規失業保険申請件数◎米PPIコア
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎第三次産業活動指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.34(-0.02) [S&PVIX指数]9.91(+0.06) [空売比率]37.2(+2.1) 

 

<10月12日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,840円~21,020円 
・225先物ナイト終値            = 20,940円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.20円~112.80円 



<コメント>


    [NY株式市場概況]
FOMC議事要旨(ハト派内容)を好感し続伸 
 NYダウは42㌦高の22,872㌦
    [ドル円NY市場概況]    
FOMC議事要旨で上下に振れたが結果的には横ばい 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.44円(前営業日15時:112.38円)
    [225先物夜間市場概況]    
環境に大きな変化なく強気継続 
 (ナイト終値)20,940円(CME最終値)20,945円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]第三次産業活動指数 [引後]ユーロ圏鉱工業生産・米PPI・ドラギ発言[決算](国内)ファーストリテイ(米国)JPM・C

 

日経平均のバリュエーション(PER=14.68倍:PBR=1.27倍)
◎今期予想のEPS=1,422.43円
◎前営業日15:00のドル円(112.38円)換算の修正EPS=1,443.62円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,211円~(15倍)=21,654円~(16倍)=23,098円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・Gサックス・ソシエテ
(売越し上位)大和・ドイツ・野村・みずほ・国内中小
[外人]+8,116枚 [国内]-7,806枚⇒(225)モルガンS、Gサックス、ソシエテ、SMBCの買越しvsみずほ、ドイツ、大和、野村の売越し(TOPIX)モルガンS、Gサックス、みずほ、ソシエテの買越しvs大和、野村の売越し⇒モルガンSとGサックスが買主役となりCスイスの買越しは休憩⇒Gサックスは売越しスタンスから一転買越し転換(一時的なのか?完全な方針転換なのか?)⇒Gサックスが買越転換となった場合は外人買い復活となる可能性高い
★外資系ポジション(12月限)=[225]86,183枚(+3,620枚)[TOPIX]+186,243枚(+3,796枚)[合計]+272,426枚(+7,416枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB議事要旨(インフレ見通し慎重派の委員存在)を受け米長国利回りは低下(2.348%)=ドル円は前日の15時東京タイム比で僅かに上昇⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.44円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒TOPIXを大量に売越していたGサックスが買いスタンスに転換したことから外人の買ポジ積み上げが加速する可能性あり⇒小売業決算発表を受けEPSは上昇傾向=バリュー的な上値メドはPER15倍の21,336円に上昇⇒予想されるリスク(北朝鮮・トランプ政権・中国経済)はあるが、最大のリスクは世界的な株高を背景にした市場参加者の総強気のピークが近づくこと?⇒業績相場と言われながら円高に反応せず円安にのみ反応する異常な市場心理⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い⇒日中は21,000円を試しに行く 可能性高い
225先物の日中引値はナイト終値20,940円比、プラス予想(直近10日・6勝4敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎第三次産業活動指数◎ユーロ圏鉱工業生産◎米新規失業保険申請件数◎米PPI
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎機械受注
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎なし

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.36(+0.31) [S&PVIX指数]9.85(-0.23) [空売比率]35.1(-3.7) 

 

<10月11日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,710円~20,890円 
・225先物ナイト終値            = 20,810円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.20円~113.60円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
ウォルマートの売上予想情報を好感し決算発表期待が強まり3指数ともに上昇 
 NYダウは69㌦高の22,830㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米金利連動の展開で下落 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.44円(前営業日15時:112.67円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円軟化を受け小反落 
 (ナイト終値)20,810円(CME最終値)20,815円

今日の主要材料⇒[寄前]機械受注[日中]なし [引後]FOMC議事要旨[決算](米国)BLK


IMF経済予想上方修正⇒[世界](17年)+0.1%の3.6%(18年)+0.1%の3.7%[日本](17年)+0.2%の1.5%(18年)+0.1%の0.7%[米国](17年)+0.1%の2.2%(18年)+0.1%の2.3%

日経平均のバリュエーション(PER=14.66倍:PBR=1.27倍)
◎今期予想のEPS=1,420.43円
◎前営業日15:00のドル円(112.67円)換算の修正EPS=1,443.65円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,211円~(15倍)=21,655円~(16倍)=23,098円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Cスイス・ドイツ・大和・メリル・シティ
(売越し上位)国内中小・みずほ・Gサックス・ソシエテ
[外人]+6,044枚 [国内]-5,582枚⇒(225)シティ、Cスイス、ドイツの買越しvsみずほ、国内中小の売越し(TOPIX)Cスイス、ドイツ、みずほの買越しvsGサックス、シティ、ソシエテ、国内中小の売越し⇒Cスイスの買い仕掛けに国内中小が売り向かいの構図(Cスイスの日中市場買越し5,646枚)⇒GサックスのTOPIX売り越しは継続・ドイツとソシエテは裁定絡み
★外資系ポジション(12月限)=[225]82,563枚(+6,015枚)[TOPIX]+182,447枚(-99枚)[合計]+265,010枚(+5,916枚〉

◆ドル円の状況⇒カタルーニャとトランプ政権リスク意識で米長国利回りは低下(2.357%)=ドル円は一時112円割れもその後の情報でリスク緩和となり下落幅縮小⇒東京タイムは株価との連動性低下傾向⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)売り(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.44円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒日中は先高期待で売物薄の環境下Cスイス(商品投資顧問系HF?)の断続的な買仕掛けで大幅高(売りは国内中小の逆張り)⇒市場のムードは総強気で21,000円を見るまで押し目待ちに押し目無しの展開となる可能性高い?⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い⇒円安あっての企業業績上方修正期待ながら軟調なドル円動向を無視した腕力相場に注意が必要だが、流れ的には今日日中も買い優勢のイメージ
225先物の日中引値はナイト終値20,810円比、プラス予想(直近10日・6勝4敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎機械受注
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎国際収支◎景気ウオッチャー調査◎独貿易収支
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎仏鉱工業生産◎英貿易収支

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.05(+0.23) [S&PVIX指数]10.08(-0.25) [空売比率]38.8(+2.2) 

 

<10月10日の予想レンジ> 7:00編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,620円~20,790円 
・225先物CME終値            = 20,690円 
・225先物日中取引の終値          = CME終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.50円~113.10円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
債券と外為市場休場と決算控えでホボ横ばい 
 NYダウは12㌦安の22,761㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米債市場休場で様子見も北朝鮮挑発行為警戒から小幅安 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.65円(前営業日15時:112.94円)
    [225先物夜間市場概況]    
ドル円とNY株軟化ながら先高期待でシッカリ 
 (ナイト終値)休場(CME最終値)20,690円

今日の主要材料⇒[寄前]国際収支[日中]桜レポート・黒田発言・景気ウオッチャー・北朝鮮記念日

                                    [引後]独&英貿易収支・仏&英鉱工業生産

モーサテ・サーベイ週間予想(36人の専門家アンケート結果・最多値が複数の場合は平均値を表示)
[日経平均](終値予想上下限値)20,200円⇔21,000円(予想中央値)20,800円(予想最多値)20,800円 
[ドル円 ](終値予想上下限値)111.50円⇔114.00円(予想中央値)113.00円(予想最多値)113.00円 
◎先週の終値予想最多値と結果値(日経平均)20,400円⇒20,690円 (ドル円)112.50円&113.00円⇒112.99円
AI週間予想
[日経平均](予想レンジ)20,592円~21,589円(終値は前週終値比で上昇) 
[ドル円 ](予想レンジ)111.27円~114.80円(週末16時の価格は前週末日16時の価格比で下落) 

日経平均のバリュエーション(PER=14.62倍:PBR=1.27倍)
◎今期予想のEPS=1,416.80円
◎前営業日15:00のドル円(112.94円)換算の修正EPS=1,440.28円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,164円~(15倍)=21,604円~(16倍)=23,044円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) 国内中小・メリル・JPモルガン・大和・アムロ
(売越し上位)Gサックス・バークレイズ・三菱・みずほ
[外人]-3,011枚 [国内]+3,307枚⇒(225)国内中小、大和、アムロ、メリルの買越しvsバークレイズ、みずほ、三菱の売越し(TOPIX)国内中小、メリル、JPモルガンの買越しvsGサックス、バークレイズ、三菱、みずほの売越し⇒GサックスのTOPIX大量売越し止まらず(週間累計で18,808枚の売越)⇒買越しは踏み上げられた国内中小
★外資系ポジション(12月限)=[225]76,548枚(+9枚)[TOPIX]+182,944枚(-2,228枚)[合計]+259,492枚(-2,220枚〉
先週の手口(転売、買戻し等は含まない)⇒外資系の12月限月のポジション変動は3,372枚の買越しだが、ソシエテの裁定解消を4,110枚を考慮すると売越し⇒裁定参加はソシエテ、ドイツ、国内大手⇒GサックスがTOPIXの売りVSモルガンSの225買いが際立つ(裁定でもなく単なる玉移動でもないことからスタンスの違いと考えられる)

◆ドル円の状況⇒[3日現在のCFTC建玉]=円売残は64,643枚で13,296枚の減少(29日現在のドル円FX建玉は140,038枚のドル買越・週間比-15,408枚)=米長国買残は232,156枚で24,470の減少(利回りは+096%の2.325%)⇒今週は北朝鮮の挑発行為に対する警戒感から上値は重くなりそう⇒夜間は米債券市場休場でホボ横ばい⇒[テクニカル](5時間足)強い売り(日足)買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.65円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒株式市場は極度の楽観ムード=決算発表期待とNY株高期待と円安期待のトリプル効果による先高期待⇒高値(20,868円)更新するまでは総強気が支配?(経験則では反転下落の可能性も高まる)⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)買い(週足)強い買い
225先物の日中引値はCME終値20,690円比、プラス予想(直近10日・6勝4敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎国際収支◎景気ウオッチャー調査◎英&独貿易収支◎英&仏鉱工業生産
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎独製造業新規受注◎米平均時給◎米失業率◎独鉱工業生産
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎景気先行指数◎米雇用統計◎財新中国サービスPMI

    [参考指標] 
[日経平均VI]14.82(-+0.19) [S&PVIX指数]10.33(+0.68) [空売比率]36.6(-1.0) 

 

<10月6日の予想レンジ> 7:20編集 


・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,620円~20,770円 
・225先物ナイト終値            = 20,700円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比プラス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.60円~113.20円 

 

<コメント>


    [NY株式市場概況]
予算案の下院可決と好調な経済指標を受け大幅続伸 
 NYダウは113㌦高の22,775㌦
    [ドル円NY市場概況]    
指標上ブレと要人発言(タカ派)を受け続伸 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.84円(前営業日15時:112.70円)
    [225先物夜間市場概況]    
堅調なドル円とNY株価を受け反発 
 (ナイト終値)20,700(CME最終値)20,700円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]景気先行指数 [引後]独製造業新規受注・仏貿易収支・米(雇用統計・失業率・平均時給

日経平均のバリュエーション(PER=14.56倍:PBR=1.26倍)
◎今期予想のEPS=1,416.80円
◎前日15:00のドル円(112.70円)換算の修正EPS=1,440.18円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,162円~(15倍)=21,603円~(16倍)=23,043円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) モルガンS・ドイツ
(売越し上位)Gサックス・野村・シティ・大和
[外人]+3,219枚 [国内]-2,320枚⇒(225)モルガンS、ドイツの買越しvs野村、メリルの売越し(TOPIX)モルガンS、みずほ、ドイツの買越しvsGサックス、大和の売越し⇒モルガンS買越しvsGサックス、野村売りの構図
★外資系ポジション(12月限)=[225]76,540枚(+1,932枚)[TOPIX]+185,172枚(+1,427枚)[合計]+261,712枚(+3,359枚〉

◆ドル円の状況⇒FRB高官のタカ派発言(12月利上げ確率88%に上昇)と堅調な経済指標と株高を受けて米長国利回りは上昇(2.348%)=ロンドンタイムで円高に振れたが、NYタイムで反発し結果的にドル円は前日15時比小幅続伸⇒ドル円は上昇環境整うが、今夜の雇用統計待ちで保合いか?⇒[テクニカル](5時間足)中立(日足)強い買い(週足)強い買い
本日時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.84円比、プラス予想
◆日経225先物の状況⇒今週の先物はモルガンS、Cスイスの買越しvsGサックス、メリルの売越しの構図が顕著で外資系同士の売買攻防となっている(外資系総合手口では前半の売越しから後半は買越しとなり前日までの累計は買越しに転換)⇒米株市場は上昇環境(強い経済・減税期待・規制緩和期待・決算期待)が整い連日の高値更新⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い・オシレーター系は過熱警告⇒水曜木曜の日中は足踏み状態が続き3連休控えの今日も足踏み継続となる可能性高いが、環境(連日の高値更新を続けるNY株価・ドル円上昇環境が整う米国事情)はベストの状態であり、ドル円のフォロー次第では高値(20,868円)を試す可能性も残る 
225先物の日中引値はナイト終値20,700円比、プラス予想(直近10日・5勝5敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎景気先行指数◎独製造業新規受注◎仏貿易収支◎米雇用統計(7.7万人)◎米失業率(4.4%)◎米平均時給(0.3%)
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎米製造業新規受注◎米貿易収支◎新規失業保険申請件数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎豪小売売上高◎加貿易収支

    [参考指標] 
[日経平均VI]15.01(-+0.66) [S&PVIX指数]9.19(-0.44) [空売比率]37.6(-1.5)