今日の予想レンジと前日の手口分析  

 

<9月22日の予想レンジ> 7.10編集 



12月限月(日経平均比で約130円のディスカウント)
・225先物日中取引の予想レンジ    = 20,170円~20,310円 
・225先物ナイト終値            = 20,250円 
・225先物日中取引の終値          = ナイト終値比マイナス予想 
・9時~15時のドル/円予想レンジ  = 112.10円~112.70円 


<コメント>


    [NY株式市場概況]
買い疲れと利益確定の売りで3指数とも反落 
 NYダウは53㌦安の22,359㌦
    [ドル円NY市場概況]    
米長国利回り続伸で小幅高 
 NY市場(AM5:30)現在のドル円は112.53円(前営業日15時:112.43円)
    [225先物夜間市場概況]    
日中市場下落の反動で小反発 
 (ナイト終値)20,250(CME最終値)20,265円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]ユーロ圏PMI・独仏PMI・仏GDP改定値 ・加CPI

日経平均のバリュエーション(PER=14.38倍:PBR=1.28倍)
◎今期予想のEPS=1,414.98円
◎前日15:00のドル円(112.43円)換算の修正EPS=1,436.42円(設定為替暫定値は109.40円
 PERと日経平均のヒストリカル⇒(14倍)=20,110円~(15倍)=21,546円~(16倍)=22,983円
PER参考値⇒(-1σ)13.4倍(平均値)14.9倍(+1σ)16.4倍⇒(±1σ内の滞留確率は68.3%)

★[先物日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Gサックス・アムロ・メリル・Cスイス
(売越し上位)みずほ・野村・シティ・ソシエテ
[外人]+7,516枚 [国内]-6,181枚⇒(225)メリル、アムロ、Gサックス、ドイツの買越しvsみずほ、野村、JPモルガンの売越し(TOPIX)Gサックスの買越しvsソシエテ、シティの売越し⇒前々日に続き国内大手売りvs外人買いのパターン⇒JPモルガンは日替り売買・Gサックスが連日の買越し⇒今週の累計買越し筆頭はGサックスで売りは国内大手4社
オプション市場のHSBCのベア・コール・スプレッド(2,684枚)は大部分がアムロのブル・スプレッドの応対クロス
★外資系ポジション(12月限)=[225]+64,774枚(+6,700枚)[TOPIX]+194,262(+1,699枚)[合計]+259,043枚(+8,399枚〉

◆ドル円の状況⇒堅調な指標を受けた米長国利回り続伸(2.280%)で小幅続伸⇒日米金融政策の不透明感解消で当面は米経済指標と独仏の選挙等に関心移りそうだが、大きな材料とは成り得ず狭いレンジ内での揉み合いが予想される⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い買い(週足)強い買い
本日15時現在のドル円はNY市場(AM5:30)の112.53円比、横ばい予想
◆日経225先物の状況⇒前日日中は利益確定の売りが
外人買いを飲み込み予想外の反落⇒今日日中も国内機関投資家のインデックス売りと外資系短期筋の買いとの攻防が続く可能性高いが、来週の配当再投資の買い期待から底堅い展開が予想される⇒出来高が拡大傾向にあり外資系短期筋の買いのみでスルスル上昇する展開は想定し難い⇒日経平均20,500円の壁突破は円安期待と前半期決算期待が更に高揚するまでお預けとなる可能性高い 
225先物の日中引値はナイト終値20,250円比、マイナス予想(直近10日・5勝5敗)

    [今日の経済指標]  ( )内は予想
◎ユーロ圏PMI(57.2:54.8)◎独PMI◎仏PMI◎仏GDP改定値◎加CPI◎加小売売上高
    [市場予想値より上振れた指標] 
◎米新規失業保険申請件数◎FF連銀製造業景気指数◎ユーロ圏消費者信頼感◎米景気先行指数
    [市場予想値より下振れた指標] 
◎米住宅価格指数

    [参考指標] 
[日経平均VI]13.5(-0.53) [S&PVIX指数]9.67(-0.11) [空売比率]40.0(+3.0) 


<前日のブローカー別先物手口一覧>  

        手口分析のデータ公表  (JPX) URL     http://www.jpx.co.jp/markets/derivatives/perticipant-volume/index.html  

        手口分析の参考ブログ                         URL     http://stockbondcurrency.blog.fc2.com/blog-category-7.html 


   [先物取引手口概況]     


★日中市場手口概況  12月限の(立会取引)   

225(日中立会取引上位)
買越し⇒Gサックスソ 
売越し⇒野村・JPモルガン 
TOPIX(日中立会取引上位)
買越し⇒Gサックス  売越し⇒シティ 
合計(日中市立会引枚数上位)
買越し⇒Gサックス・Cスイス・ドイツ 
売越し⇒JPオルガン・野村・シティ 
◆(合計増減枚数)外人+3,357枚・国内-3,720枚   

★[日中市場手口概況] 12月限の(立会+立会外取引) 

(買越し上位) Gサックス・アムロ・メリル・Cスイス
(売越し上位)みずほ・野村・シティ・ソシエテ
[外人]+7,516枚 [国内]-6,181枚⇒(225)メリル、アムロ、Gサックス、ドイツの買越しvsみずほ、野村、JPモルガンの売越し(TOPIX)Gサックスの買越しvsソシエテ、シティの売越し⇒前々日に続き国内大手売りvs外人買いのパターン⇒JPモルガンは日替り売買・Gサックスが連日の買越し⇒今週の累計買越し筆頭はGサックスで売りは国内大手4社
★外資系ポジション(12月限)=[225]+64,774枚(+6,700枚)[TOPIX]+194,262(+1,699枚)[合計]+259,043枚(+8,399枚〉

   [日経オプション期近限月取引概況]  


日経225取引高⇒(プット)117020枚   (コール)94938枚   
TOPIX取引高  ⇒(プット)0枚   (コール)40枚   
日経225建玉残⇒(プット)1307215枚+23123枚   (コール)940821枚+14643枚    
TOPIX建玉残  ⇒(プット)49816枚-20枚  (コール)10806枚+0枚   

目立った手口(225OP日中総合)
(ロング)なし (ショート)HSBC=ベア・コール・スプレッドの合成
売買高上位銘柄(ATM±4行使価格範囲内)
 21000C 20500C
建玉残高上位(ATM±4行使価格範囲内)
(コール)20250円・20000円     
(プット)20000円・19750円


                                                                日中市場の立会取引のみの手口  (日中の指数形成に関与した手口表)

                                                                  ★ 日経225先物はミニとラージ合計の枚数 



   日中市場の立会と立会外を合計した合計手口 (日中の立会取引の裏に隠れたクロス等ポジション移動が見られる手口表)

                 ★ 日経225先物はミニとラージ合計の枚数 



      日中と夜間の立会取引に立会外取引を合計した総計手口  (ブローカー別のポジション変動を把握する表)