★ 当日のメルマガ情報は、15時過ぎに更新致します。

  ★ 2月20日の「メルマガ」トレード情報  

 

 

☆ JP・ショート・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ6月限月)


[現在の建玉 ]= (買建)22,650円(確定損益)+400円
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし 


☆ JP・ロング・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ3月限月&6月限月)


[現在の建玉 ]= (売建3月限)20,730円(買建6月限)22,740円×2枚・23,950円(確定損益)-990円
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし  

今日のコメントと予想レンジ



★夜間市場⇒日中市場大幅高の反動で下落   
 (ナイト終値)21,950円(CME価格)21,980円


今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]なし [引後]ユーロ圏(ZEW景況感調査・消費者信頼感)[米決算]DVN・HD・WMT

モーサテ・サーベイ週間予想で[日経平均]終値予想最多値の22,200円は22,000円の誤りす

★[先物手口概況] 3月限月 (総合=立会+立会外) 

[日中ポジション増減]=(外人)-4,952枚 (国内)+6,080枚⇒[日中立会手口概況]=(225)国内中小、Gサックス、モルガンS、大和、三菱、インタラクティブの買越しvsメリル、JPモルガン、アムロ、ソシエテの売越し(TOPIX)野村、国内中小の買越しvsドイツ、ソシエテズの売越し(合計)外人は6,959の売越し継続(225-4,439枚・TOPIX-2,520枚)⇒[日中総合手口概況]Gサックスとアムロがロールで合計6,924枚を6月限で売越し=JPモルガン、メリル、ソシエテ、バークレイズ、シティがロールで合計5,687枚を6月限で買越し
★昼夜外資系ポジション増減=[225]-310枚(-2,807枚)[TOPIX]+175,553枚(-2,145枚)[合計]+175,243枚(-4,952枚〉
先週の手口(修正版)⇒外資系総計の3月限月ポジションは5,875枚の売越し(225は-4,523枚・TOPIXは-1,352枚)⇒(225)の買越上位は野村、JPモルガン、シティ、みずほvs売越上位はUBS、ソシエテ、バークレイズ、国内中小(TOPIX)の買越上位はGサックス、Cスイス、三菱、HSBCvs売越上位はバークレイズ、UBS、JPモルガン、みずほ

◆ドル円の状況⇒夜間海外は前週のドル安の反動によるドル指数の上昇(89.20)を受け小幅続伸⇒[テクニカル](5時間足)強い買い(日足)強い売り(週足)強い売り
本日15時現在のドル円は海外市場(AM6:00)の106.58円比、横ばい予想

◆日経225先物の状況⇒前日の日経EPSは1,680円で、PERは13.18倍(前日15時ドル円106.48円への円高を考慮したPER14.9倍のフェアバリューは24,511円)⇒225先物は「外人売り・国内買い」のパターンで15日以降の3日間で920円の上昇は意外だが、ドル円とNY株価が堅調推移なら国内の買いだけでもPER13.5倍の22,700円近辺までの上昇余力が感じられる(225先物の外資系ポジションは買超から310枚の売超に転換)⇒(日経新聞)新興国と企業のドル建て債務膨張と一部の新興国からの投資マネー引上げの記事が連日の掲載・他の記事を含むトータルでは株安を連想させる内容が目立つ⇒イメージ的には22,000円固めの展開が予想される⇒[テクニカル](5時間足)買い(日足)強い売り(週足)売り
225先物の日中引値はCME終値21,980円比、プラス予想 


225先物予想レンジ(ラージ期近)=21,890円~22,110円:予想引値=22,010円