★ 当日のメルマガ情報は、15時過ぎに更新致します。

  ★ 4月28日の「メルマガ」トレード情報  


☆JP・ショート・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ9月限月)


[現在の建玉 ]= なし
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし


☆JP・ロング・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ9月限月)


[現在の建玉 ]= なし
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし


今日のコメントと予想レンジ



★夜間市場⇒日中市場引けのインデックス買による上昇分修正で小反落   
 (ナイト終値)19,240円(CME清算値)19,235円

今日の主要材料⇒[寄前]CPI・鉱工業生産[日中]豪PPI[引後]英GDP・ユーロ圏HCPI・米(GDP・シカゴ購買部協会景気指数)[決算](日)三菱電・日新製鋼・郵船・信越化・富士通・村田製・ホンダ・電力各社(米)PSX・GM・XOM・CVX・SWN

日経平均のバリュエーション(EPS=1,198.75円・PER=16.06倍・PBR=1.27倍)
◎ 2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の平均為替108.70円換算の EPS=1,200.89円
  PERと日経平均⇒(14倍)=16,830円~(15倍)=18,030円~(16倍)=19,240円
◎ 2017年度の(想定為替105円)の証券大手増益予想の下限値(+6%)のEPS=1,269.20円
  PERと日経平均⇒(14倍)=17,790円~(15倍)=19,060円~(16倍)=20,330円

★[先物日中市場手口概況] 6月限月の(立会+立会外取引) 

[外人]+10,602枚 [国内]-10,145枚⇒(225手口)JPモルガン、アムロ、Cスイスの買越しvs野村、UBS、三菱の売越し(TOPIX手口)JPモルガン、Cスイスの買越しvs三菱、ソシエテの売越し⇒外人は日中総合で1万枚超の大量買越し(今週の外資系買越しブローカーはモルガンS、JPモルガン、Cスイス、Gサックス)
★外資系建玉=[225]+37,593枚(+7,857枚) [TOPIX]+134,535枚(+3,232枚) [合計]+172,128枚(+10,589枚〉

◆ドル円の状況⇒米指標冴えなく米債利回り続落(2.298%)⇒NYタイムは一時強含んだが、米金利低下で行って来い⇒東京タイムは今夜の米GDP下振れ警戒で軟化が予想される
本日15時現在のドル円はNY終値比、マイナスを予想
◆日経225先物の状況⇒連休控えと今夜の米GDP待ちでポジション調整の売り優勢が予想される(日中市場の225先物ラージは6連騰中)⇒前日の日経平均騰落レシオ(25日平均)は103.57で中立レベルを上回る⇒月末のフローに注意
225先物の日中引値はナイト終値比、マイナスを予想(直近10日・6勝4敗)


225先物予想レンジ19,120円~19,290円・予想引値=19,210円

  ★ 4月27日の「メルマガ」トレード情報  


☆JP・ショート・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ9月限月)


[現在の建玉 ]= なし
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし


☆JP・ロング・プログラム・トレード売買シグナル(ミニ9月限月)


[現在の建玉 ]= なし
[寄前シグナル]= なし
[日中シグナル]= なし


今日のコメントと予想レンジ



★夜間市場⇒ドル円とNY株の上昇一服を受け反落     
 (ナイト終値)19,170円(CME清算値)19,175円

今日の主要材料⇒[寄前]なし[日中]日銀会合[引後]黒田発言・ECB会合・ドラギ発言・米(耐久財受注・新規失業保険・住宅販売留保)[決算](日)ファナック・NEC・信越ポ・任天堂・川重・大特鋼(米)AMZN・INTC・GOOGL・MSFT

日経平均のバリュエーション(EPS=1,197.36円・PER=16.11倍・PBR=1.27倍)
◎ 2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の平均為替108.70円換算の EPS=1,200.89円
  PERと日経平均⇒(14倍)=16,810円~(15倍)=18,010円~(16倍)=19,210円
◎ 2017年度の(想定為替105円)の証券大手増益予想の下限値(+6%)のEPS=1,269.20円
  PERと日経平均⇒(14倍)=17,770円~(15倍)=19,040円~(16倍)=20,310円

★[先物日中市場手口概況] 6月限月の(立会+立会外取引) 

[外人]+5,543枚 [国内]-5,746枚⇒(225手口)HSBC・Cスイスの買越しvs国内中小、三菱、野村の売越し(TOPIX手口)シティの買越しvsパリバの売越し⇒外人買い国内売りの上昇パターン
★外資系建玉=[225]+30,236枚(+5,678枚) [TOPIX]+131,303枚(+1,359枚) [合計]+161,539枚(+7,037枚〉

◆ドル円の状況⇒是正改革実施に対する不信感残り米債利回り下落(2.303%)⇒オバマケア修正案が議会でまとまる可能性が高くなったことから財源問題を抱える税制改革にはフォロー⇒米国では景気見通しに株式市場と債券市場との温度差が際立つが、株式市場の活況は債券市場と違いバリュー(業績向上)意識が働いているものと考えられる?(現在のドル円は株式市場ではなく債券市場との連動性が高い)⇒東京タイムでは反発が予想される(テクニカルは買いを示唆)
本日15時現在のドル円はNY終値比、プラスを予想
◆日経225先物の状況⇒円高不安が消え外人買い復活の兆し(3日連続で外資系は買越し)⇒日経VIと空売り比率が地政学リスクによる下落前の水準に戻る(先安不安が解消しセンチメントが改善)⇒米の国境税棚上げは輸出企業には朗報⇒円安進行が続かない限りこのまま上昇トレンド回帰とはなりがたく、暫くは19,000円~19,500円レンジ内の膠着状態に戻る可能性高い?
225先物の日中引値はナイト終値比、プラスを予想(直近10日・6勝4敗)


225先物予想レンジ19,110円~19,320円・予想引値=19,210円