・バリュー(適正価値)

      ・ファンダメンタルズ(環境)

      ・先物手口(需給)

        ・テクニカル(経験則)

      ・センチメント(投資家心理)  

     

     日経平均に関する記述は日中終値ではなく

           ナイト終値又はCME終値を基準にしています  


AM 8:00 前後に更新します


  今日の日経225先物予想レンジと前日の手口分析  

 

<1月22日の予想レンジと予想終値> 8:00 編集 


★ 日経225先物ラージ3月限月の予想

・225先物日中市場の予想レンジ   = 23,670円~23,910円
・225先物日中市場の予想終値      = 23,820円
・225先物夜間市場先物終値     = 23,780円
・9時~15時のドル/円想定レンジ = 109.70円~110.00円 

 

<ナイト市場概況>  時間表示日は直近東証営業日


    [NY株式市場概況]
個別事情のボーイング下落と武漢発のパンデミックリスクを材料に売り優勢の展開  
 NYダウは152㌦下落=29,196㌦ (東京15:15のCME先物)29,189円 (現物終値比) 159㌦下落
    [ドル円海外市場概況]
米金利低下と株価下落で続落  
 本日(7:00)のドル円は109.84円 
 東京市場前営業日(15:15)=119.95円 海外市場前営業日(7:00)=110.17円
    [日経225先物(3月限)夜間市場概況]    
ドル円と米株下落を受け続落  
 日中終値23,860円  ナイト終値23,780円  CME終値23,755


<前日の参考データ>



★[バリエーションと日経平均参考レンジ]PER=14.53倍&PBR=1.17倍
[EPS]1,642.43円(前日比)-8.26円  [BPS]20,397円(前日比)-12円
[短期レンジ]前日PERの±0.2倍➡PER14.33倍23,536円~14.73倍24,193円
[中期レンジ]ヒストリカル的推測  ➡PER13.00倍21,352円~15.00倍24,636円
[企業想定為替108.68円換算]修正EPS1,651円&修正日経平均23,994円
(参考)直近4年間のPERは12倍~14倍➡21年3月期予想EPS(+8%)のPER14倍は24,834円

★[参考指標]
[日経平均Ⅵ]13.96(+1.48)[VIX指数]12.85(+0.75)[空売比率]44.5(+4.7)
[直近ピーク] (日経VI)18年2/9の36.05(VIX指数)18年2/5の37.32(空売比率)19年8/5の51.5

★[前週の経済指標] 
    [前回比で改善した指標]  
◎欧&独ZEW景況感調査
    [前回比で悪化した指標]  
◎なし

◆◆ドル円の状況とコメント◆◆


本日(7:00)米10Y国債利回は低下(1.778%)ドル指数横ばい(97.61)
本日(7:00)ドル円は前日の(15:15)比(-0.11円)
リスクオフで下落 

本日東京市場(15:15)現在のドル円は海外市場(7:00)の109.84円比で横ばい予想

◆◆日経225先物の状況とコメント◆◆


[今日のイベントと経済指標]
[寄前]なし[日中]なし[引後]米(住宅価格指数・中古住宅販売件数)
[決算](米国)ABT・JNJ・NFLX・TXN

★[前日の先物日中立合手口(3月限月)]
[225先物](買越)アムロ・国内中小(売越)モルガンS・野村
[TOPIX先物](買越)メリル(売越)Cスイス
GサックスはNTショートでTOPIXを買越し転換➡中国株安を材料にしたCスイスの売仕掛けに野村とモル

   ガンSが追随したイメージで予想外の大幅安

★[海外情報]
(トランプ)弾劾裁判審理入り・EUと通商合意できなければ自動車関税検討
(ボーイング)737MAX年央まで認証ない見込み
(パンデミックリスク)新型肺炎感染を意識した関連企業(航空会社・インバウンド)等が下落➡経験則では

   深刻な相場下落にはならず(押し目待ち投資家にとってはチャンス)

★[2020年GDP予想](IMF)+0.7%(日銀)+0.9%(政府)+1.4%
★[コメント]日経平均は実体経済と景気回復期待心理とのギャップを意識し始める➡調整のキッカケ待ち心

   理と高値更新の材料待ち心理が混在➡日経平均は外資系の調整売り明確化の兆しで指数のピーク感漂う

今日日中市場➡国内系の押し目買いと一部外資系による調整売りの攻防で揉み合いが予想される➡上海株と

   米株先動向に注意


<前日のブローカー別先物手口一覧>  

      手口分析データ  (JPX) URL     http://www.jpx.co.jp/markets/derivatives/perticipant-volume/index.html  




   [先物手口] 12月限月+3月限月 (総合=立会+立会外) 

[日中立会買越上位]アムロ・国内中小・ソシエテ・メリル
[日中立会売越上位]モルガンS・野村・Cスイス
[日中総合買越上位]みずほ・アムロ・国内中小・HSBC
[日中総合売越上位]モルガンS・野村・Cスイス・シティ
[日中立合ポジション増減]⇒(外資)-585枚   (国内)+377枚
[日中総合ポジション増減]⇒(外資)-2,397枚  (国内)+2,189枚
[昼夜総合外資系ポジション増減]⇒(225)-3,586枚(TOPIX)+319枚
超閑散取引で特筆無し

   [日経オプション期近限月取引概況]  


日経225取引高⇒(プット)66628枚  (コール)39920枚   
TOPIX取引高  ⇒(プット)150枚     (コール)0枚   
日経225建玉残⇒(プット)1031187枚+10819枚(コール)532170枚+2392枚(PCR)1.938  
TOPIX建玉残  ⇒(プット)82101枚+0枚    (コール)18448枚+0枚  
目立った手口(225OP日中総合)
(デルタロング)なし(デルタショート)アムロ
売買高上位銘柄(ATM±4行使価格範囲内)
   24625C 24250C 23375P
期先建玉残高上位(ATM±4行使価格範囲内)
(コール)24500円・24000円     
(プット)23500円・23250円



                                            日中市場の立会取引のみの手口  (日中の指数形成に関与した手口表)                                   


   日中市場の立会と立会外を合計した合計手口(日中の立会取引の裏に隠れたクロス等ポジション移動が見られる手口表)

                 


     日中と夜間の立会取引に立会外取引を合計した総計手口  (ブローカー別のポジション変動を把握する表)